JavaScriptを有効にして再度アクセスしてください。

上映リクエスト一覧

ROCOさんの上映リクエスト一覧です

作品名 リクエスト回数 貢献度ランク
[391位] 太陽と月に背いて 524回 11位
[上映候補] 山形スクリーム 165回 108位
[販売中] 森の学校 112回 49位
[上映候補] キャッチ ア ウェーブ 75回 145位
[上映候補] アキハバラ@DEEP 68回 125位
[販売中] キャプテンハーロック 58回 629位
[上映候補] 永遠の0 49回 1197位
[上映候補] ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ 47回 361位
[上映候補] ごくせん THE MOVIE 45回 388位
[販売中] 東京公園 36回 882位
[上映候補] 奈緒子 33回 882位
[上映候補] 岸和田少年愚連隊 ゴーイング・マイ・ウェイ 33回 58位
[上映候補] 進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド 29回 567位
[395位] わたしを離さないで 27回 36位
[上映候補] 真夜中の五分前 26回 1654位
[上映候補] クローズZERO II 26回 656位
[上映候補] コンフィデンスマンJP プリンセス編 26回 879位
[上映候補] 世にも奇妙な物語 2011年秋の特別編 26回 157位
[上映候補] 君に届け 25回 1071位
[上映候補] 恋空 24回 801位

"映画館で観たいワケ"投稿履歴

ROCOさんの観たいワケ投稿履歴です

やっと上映候補入り良かったですね。私も微力ながらリクエストさせて頂きました。観たい作品が多く広く上映されることがドリパスファンの願いです。

春馬くん演じる風早くんは爽やかそのもの。春馬くんにとって、爽子ちゃんは理想の彼女。年下は無理と、多部未華子さんには言われたとか。ずっとずっと好きだったと告白するシーンは心が温かくなります。エンディング後、2人が並んで登校する後ろ姿は微笑ましいです。優しい真っ直ぐな春馬くんを観たいです。

やった~❗️。大阪…成立しましたね。大好きな春馬くんの声が聴けます。嬉しすぎる❗️春馬くんの声を存分に楽しみたいです。今から胸がワクワクします。

そろそろ「ヒロ」に会いたいな。原作の携帯小説『恋空』と『君空』読んで…春馬くんも読んだかなと想像しています。やはり春馬くんが演じるから、「ヒロ」の優しさがとっても伝わってきたんだな。どうぞお願いいたします。

先日初めて映画館で鑑賞。何回もDVDは観てるけど、大きなスクリーンはやっぱりいいな。春馬くんの捨てられた子犬のような黒い悲しい瞳が脳裏に焼きついて離れません。路上映画でのシーン、恋人つなぎの手のアップはドキドキします。最後に時計を良に返しに来たから、生き残ったのは…かな?ラストの微笑みが答えかな。春馬くん素敵です。美しいです。タメ息でます。恋してる春馬くんの顔はうっとりします。ドリパスさん、TOHOシネマズ梅田さんありがとうございます。またお願いいたします。

やっと会えそうです。都合がつけば鑑賞して7回目。やんちゃで可愛い丸坊主頭の春馬くんに。 動物が大好きで、友達思いのマトに会いたい。早く春馬くんに会いたいなぁ。(できれば、Blu-rayにしてほしいです。手元に置いていつでも観たいから。)楽しみにその日まで過ごします。

初めて映画館で鑑賞。何回もDVDは観てるけど、大きなスクリーンはやっぱりいいな。フイルムの劣化は否めなかったので、どうにかデジタル化してほしいです。大人の階段上ってるまだ幼さ残る春馬少年。「大洋」って呼ばれて振り返る春馬くん大好きです。ドリパスさん、シネマート心斎橋さんありがとうございます。またお願いいたします。

そろそろ会いたくなってきたよ。やんちゃで可愛い丸坊主頭の春馬くんが恋しくなってきたよ。 動物が大好きなマトに。 友達思いのマトに。 早く春馬くんに会いたいなぁ。

銀髪の春馬くん…(個人的には黒髪でショートの春馬くんが大好き)。当時は携帯小説が流行していて、確か本も横書きで読みにくいなと大人の私はあんまり興味が湧かなかったなぁ。けれど、今WOWOWシネマで観ることができて…何回鑑賞しても、年甲斐もなく不覚にもラストは大号泣してしまう。春馬くんは『ヒロ』という人物の一生を演じているので、一つひとつのセリフ「空から見守っているから」「笑って」が、春馬くんの言葉として発せられているようで胸が苦しくなる。まだあどけなさが残る春馬くん…無理につぱってる春馬くん…きれいな涙をこぼして死んでしまう春馬くん。愛おしくてたまりません。そんな春馬くんにスクリーンで何回も会いたい。

敬愛してやまない小栗旬さんとかねてからやりたかった声優で久々の共演。声フェチの私としては春馬くんの声変わりした大人の声は、耳に心地良いです。『大いなる鉄路』のナレーションも春馬くんと一緒に旅しているようでしたよね。声優なので当然春馬くんは観られません。だからこそ素敵な春馬くんの声に集中できます。原作漫画にはない新しい登場人物「ヤマ」へ、春馬くんが生命を吹き込んだのだなと感じます。大音響で素敵な春馬くんの声を聴きたいです。

ありがとうございます❗️でっかいスクリーンで春馬くんに会えます❗️「大洋」のハニカミ笑顔が観られます。本当に嬉しいです。

wowowシネマで鑑賞。とにかく、春馬くん走ります。走って、走って、走ります。幼さがまだ残る春馬くん…しっかりと映画の中で凛々しい顔つきになっていきます。日焼けした、たくましい春馬くんに会えます。どんなに汗だくでも、苦しそうでも、春馬くんは美しいです。スクリーンで一所懸命に走る春馬くんに「雄介」と声援を送りたいです。

記念すべき多部未華子さんとの初共演作品。春馬くん演じる風早くんは爽やかそのもの。ドラマ等で高校生役は何度かしているけれど、漫画の世界から抜け出してきたかのような透明感があります。穏やかな喋り方が春馬くんそのものです。なかなかお互いの気持ちが噛み合わない2人。でも、ずっとずっと好きだったと告白するシーンは本当に良かったなと思ってしまいます。エンディング後、2人が一緒に登校する後ろ姿は微笑ましいです。4年ごとの共演なら、ちょうど今年に2人の新しい作品を観ることができたのかな。優しい真っ直ぐな春馬くんを観たいです。

海と夏と恋と友情が春馬くんを成長させる。竹中直人のコミカルな演技が、亡くした息子への愛情を3人に重ねて優しく見守る姿を際立たせる。ノリノリの音楽ときれいな海でウキウキしてくる。春馬くんはもう最高に可愛い。目がキラキラ。顔はふっくら。声変わりしてない甘ったれた、はにかんだ春馬くんが可愛いすぎる。サーフィンを教えてもらうときの真面目な顔は素の春馬くん!そして、何度も波に果敢に挑むサーフィンの姿は格好いい。ラストは「大洋」と呼ばれて振り返る王道の春馬くんの笑顔。この映画でサーフィンに出会った春馬くん。きっとたくさんの思い出がつまっている作品だと思う。スクリーンで是非とも鑑賞したい。

戦争のさなか、生き抜くことを説き続けた宮部の生き様を、孫の視点から春馬くんがストーリーテーラーとなって紡いでいく物語。今は亡き名優を始めとして田中泯さんとの場面は引き込まれる。ほんわかした朴訥な春馬くんが作品の中で成長していく。もし春馬くんが生きていたら、戦争を知らない人間が戦争をしてはならないと伝える役が演じられたのではないかな。宮部が大石に松乃を託せたのは、自分が死んで戦争が終わっても日本の未来は続いていくと言う大石の言葉に感銘したからだと思う。特攻でたくさんの若者を犠牲にして自分が生き残っても意味がないと悟る宮部に号泣してしまう。私達がこうして生きているのは生命が連綿と続いているからだ。「太陽の子」同様に未来の話をしなくてはいけない。

やんちゃで可愛い丸坊主頭の春馬くんに会いたい。 動物大好きなマトに会いたい。 友達思いのマトに会いたい。 大家族の中で、友達の中で笑ってるマトに会いたい。 春馬くんに会いたい。

2019年春馬くんが頑張った作品の一つ。「森の学校」以来の短髪かな。私は春馬くんの短髪が大好きだ。実は日本も原子核爆弾を作っていたという衝撃的な内容。ある意味狂気的な修を見事に柳楽優弥さんが演じている。言葉を発するときにイントネーションを巧みに使い、またそうでないときの修の取り憑かれた表情は素晴らしい。有村架純さんの世津は当時の強くならなくてはいけなかった女性像が凝縮されてるのかな。田中裕子さんの母の眼差しは時には鋭く、時には優しく、時には寂しく、情けなくて…これもまた当時の母親像を具現化している。そんな人たちに、ひと目会いに帰ってきた春馬くんこと裕之さん。ほんのひとときの安らぎを噛みしめながら、自分の生命をどこで終わらせるべきなのか…思案している表情が胸をいっぱいにする。どうしても、春馬くんと重ねずにはいられな。広島の会見で「今のむなしい1日もあの日の生きたいという1日も同じ。これを胸に生きていきたい」と語った春馬くん。「太陽の子」は、どんなふうに生きていくか。未来を見据えていくかという命題を突きつけているように感じる。10年プロジェクトも始まった。鑑賞するたびに感じることが違うかもしれない。感じることが違う自分であるように、前を向いて生きていきたい。

春馬くん…なんて貫禄のある松平元康なんでしょう‼️出演シーンはわずかながら、この映画のキーマンです。乗馬の姿は、凛々しくて見惚れてしまいます。「加勢致す」と手を広げての登場はもうタメ息出ます。真剣佑くんとの信頼関係もあるのかな。絶命のシーンは涙を止められません。時代劇の春馬くん目に焼きつけてください。

この映画の主役はまさしく三浦春馬と竹内結子だ。2人の素晴らしい演技に何が真実なのか…観客は翻弄される。竹内結子は最後まて美しくそしてお茶目。春馬くんは何をしても格好いいを具現化する。だからこそ、ラストの間抜けな逃走が際立つ。ジェシーなら騙されたいな。14番目の彼女にしてください…なんて…思わず呟いちゃいます。春馬くんジェシーと竹内結子さんのスターは永遠に。

眼鏡をかけた和服の春馬くん、真撰組の服を来て剣さばきが決まってる春馬くんが観られます。伊東鴨太郎は悪役ではありますが、憎めません。汽車から落ちていくあの春馬くんの顔はもう…手をさしのべて抱きしめたくなります。自分の欲していた絆はとっくに存在したと気づいてからの鴨太郎は、春馬くんの本領発揮。格好いいんです。そして最後の「ありがとう」の笑顔は泣けちゃいます。

ROCOさん

ROCO

ページの先頭へ