JavaScriptを有効にして再度アクセスしてください。

上映リクエスト一覧

春さんの上映リクエスト一覧です

作品名 リクエスト回数 貢献度ランク
[38位] 罪と罰 298回 2位
[869位] 弥生、三月 -君を愛した30年- 187回 1位
[220位] 汚れなき瞳 164回 2位
[上映候補] ブレイブ -群青戦記- 124回 8位
[上映候補] 殺人偏差値70 32回 80位
[上映候補] 千年の恋 ひかる源氏物語 26回 196位
[上映候補] 太陽の子 22回 237位
[13位] 東京公園 21回 476位
[販売中] アイネクライネナハトムジーク 15回 1169位
[上映候補] 銀魂2 掟は破るためにこそある 14回 612位
[上映候補] 雨に眠れ 13回 290位
[14位] 奈緒子 12回 614位
[販売中] 真夜中の五分前 10回 1949位
[上映候補] 世にも奇妙な物語 2011年秋の特別編 9回 537位
[1位] 永遠の0 8回 2000位
[上映候補] 岸和田少年愚連隊 ゴーイング・マイ・ウェイ 8回 259位
[上映候補] ミッドナイトスワン 6回 564位
[上映候補] 幻影師アイゼンハイム 6回 367位
[販売中] ゲキ×シネ「ZIPANG PUNK~五右衛門ロックIII」 5回 1153位
[17位] ゲキ×シネ「五右衛門ロック」 5回 1124位

"映画館で観たいワケ"投稿履歴

春さんの観たいワケ投稿履歴です

DVD発売決定 台湾上映決定に続きハワイ国際映画祭での上映決定 またまた嬉しいお知らせが入りましたね♪「天外者」に携わった全ての方々、春馬君を想うファン方々の願い.想いが形となって春馬君の夢 海外へと広まって唯一無二の表現者「三浦春馬」の名が沢山の人達に知られますように! またDVD発売までの期間 禁断症状が出そうなのでコロナ禍で厳しい状況ですが、三浦春馬最後の主演作品、全身全霊で挑み、作り上げた「天外者」是非是非、1つでも多くの劇場で再上映されますように!

上映終了予定をあちらこちらから耳に目にするようになり、あとどれくらい元康(春馬君)に逢いに行けるだろうか?と調べると行けない時間ばかりで…「天外者」も終了し、このままでは禁断症状が出そうな感じです。観る度に、春馬君とマッケンのリアル継承式のようであり、春馬君からのメッセージでもあるように勝手に想って観ています。エンドロールの入り方も砦前での殺陣のシーンでの音楽と共にまるで、「ブレイブ群青戦記」は 主演 三浦春馬かと思わされるあの演出? 追悼文の代わりかと感謝で泣けてしまいます。まだまだ春馬君のあの凛として美しい松平元康(春馬君)に逢いに行きたいです。どうか皆さん「加勢願います❗」

明日4/5春馬君の誕生日に全国47都道府県での「天外者」特別上映御尽力いただいた方々本当に感謝致します。春馬愛に溢れる誕生日になりそうですね♪ 勿論お休み取って行きます!私の周辺の映画館は1日3〜4回上映して頂けるので沢山の方々に観て頂けるので、嬉しく思います。春馬君最後の主演作品「天外者」まだまだ快挙を生み出すのでは?と、勝手に期待しています。明日だけではなく再上映が続きますように…

TOHOシネマズ様 ギグリーBOX様 春馬君の誕生日4/5限定で全国70館 大ヒット特別上映して下さるとの公式発表 とても嬉しく感謝致します。皆さんの想いが、こうして叶えて頂けるなんて…しかも周辺の映画2館入っていて感激です。絶対お休み貰って春馬君に逢いに行きます‼ 森の学校 ブレイブ群青戦記もはしごしようかと考えています。 4/5春馬君にどっぷり浸って御祝いしたいです。

「天外者」に携わった出演者.監督.スタッフの方々「五代友厚」プロジェクトの皆様 第13回東京新聞映画賞受賞おめでとうございます。授賞式を観て皆さんの努力が、皆さんの想いがまた1つ報われたかと色々な想いが頭の中を駆け巡り涙腺崩壊でした。しかし、私のまわりで唯一再々上映し続けた劇場もついに3/18終了と出てしまい残念で成りません。どうか、4月の(春馬君の誕生日4/5)1週間でいいので上映宜しくお願いします。唯一無二の表現者「三浦春馬」の最後の主演作品「天外者」是非もう1度観させて下さい!

公開初日(3/12)春馬君に逢いに行って来ました。原作を知らないので、冒頭のショッキングなシーンや、ラストは驚きましたが、蒼(新田)がその選択したのは納得です。劇中では捕らえられた仲間を助ける為、現代に戻る為にみんな一所懸命な姿に感動しました。本広監督が仰っていた「継承」と言うテーマ、幼馴染み(鈴木)の木刀.元康(三浦)の刀を託され想いを繋ぎ蒼が成長して行く様は目を見張る物がありました。元康(三浦)と蒼(新田)の関係性や台詞の1つ1つが現実と重なり思わず涙してしまいました。真剣佑君が憧れ、慕っていた春馬君との映画初共演「一生忘れることのない作品、春馬さんと過ごした時間は宝物です。」と語っていた姿 色々な物を継承されたんだな、と感じました。春馬君の提案で台本にあった台詞を無くして表情だけでのシーンこの2人だからこそだと思えました。今回も表現者三浦春馬の佇まい.所作.殺陣.表情だけで魅せる姿何もかもイッツ パーフェクトでした。パンフレットは勿論、元康が蒼に託した刀のキーホルダー目にして思わず購入してしまいました。We are brave! 想いを繋げ! 大ヒット.ロングラン上映を願って…何度でも劇場に足を運びたいと思います。

いよいよ明日(3/12)また新たな三浦春馬と逢えるかと思うと、ワクワク.ドキドキが止まりません! 本広監督も話されてた春馬君と真剣佑君のまるで兄弟の様な関係であり、互いに高めあう関係 この作品のテーマは「継承」だと…きっと、春馬君から多くの物を真剣佑君が受け継がれたのではないでしょうか!? 劇中でもその関係性が伝わると思います。とてもいいシーンが撮れたので、是非観て頂きたいと話されていたので、とても楽しみです。この作品も大ヒットロングラン上映されますように! 一所懸命 想いを繋げ! We are brave!!

真剣佑君共演者の皆さん番宣ありがとうございます。テレビCM中ブレイブ群青戦記の予告編が流れる様になり、劇中での関係性や台詞も現実と重なる所があり予告編だけで胸にくるものがあります。「天外者」同様、何度でも行ける限り劇場に足を運びたいと思います。一所懸命 想いを繋げ!

本日、「ブレイブ群青戦記」公開まで1週間.春馬君の誕生日まで1ヶ月また新しい春馬君に逢えるかと思うとドキドキワクワクで凄く楽しみでもあり、未公開作品が減ってしまう寂しさと入り交じり複雑な気持ちです。撮影時、共演者の草野さんが撮った数々の写真は、現場の雰囲気や真剣佑君がどれだけ春馬君を慕っていたかが伝わって来る素敵な物ばかりです。劇場によってはブレイブ群青戦記.天外者.森の学校が上映されますね♪ 願ってた事が現実になってとても嬉しく思います。

先日ようやく観る事が出来ました。壮大なスケールのストーリーと全CGでとても綺麗な世界観で引き込まれました。ヤマ(春馬君)キャプテンハーロック(小栗旬)とても役に合っていると思いました。2013年の作品ですが、ヤマの台詞が、実際春馬君が思って言っている感じがして、泣けてしまいました。キャプテンハーロックに代わりヤマが「アルカディア号発進!」と、発進させる場面では、見送る(送り出す)側の目線で見てしまいました。これから上映される地域の方は是非是非、声だけでもこんなに魅了する春馬君に逢いに足を運んでいただけたらと、思います。

キネマ旬報のW受賞に続き、今度は東京新聞映画賞「天外者」やりましたね♪ 春馬君.田中監督.この作品に携わった全ての方々おめでとうございます!!先日、上映終了間近なので、W受賞の御祝いに春馬君に逢いに行きましたが、また上映延長される事になり(森の学校も延長され続けています♪)嬉しい限りです。やはり五代友厚役はこの先どの俳優が演じようとも、私の中では五代友厚=三浦春馬だと、改めて再確認出来ました。来月にはノベライズ本発売.ブレイブ群青戦記公開.アカデミー賞.話題賞発表 そして再来月は… 皆さんの愛で、まだまだロングラン上映が続き、もし叶うのであれば「天外者」「森の学校」「ブレイブ群青戦記」が並ぶ所を観てみたいです!!!

田中光敏監督 キネマ旬報読者選出 日本映画監督賞おめでとうございます! 春馬君もきっと喜んでいることでしょう。期間延長上映.リターン上映など、まだまだこのままじゃ終わらない「天外者」全身全霊で挑んだこの作品は、誰しもが認める三浦春馬の代表作になりましたね。また逢いに行きたくなりました。来月にはブレイブ群青戦記.夏には太陽の子と上映予定ですが、春馬君の出演作品が全国で観られるよう宜しくお願いします。

本日ムビチケ前売り券が発売開始され、公開日と、新たな春馬君(徳川家康)に逢えるカウントダウンが始まった気分です♪ 予告編での徳川家康(春馬君)が碧(真剣佑君)を導くシーンでの台詞が現実と同じ様に思えてしまいます。春馬君最後の武将姿 凛々しい徳川家康姿.美しい殺陣がとても楽しみです。何度でも「天外者」の時同様、その雄姿を目に焼き付けに足を運びたいと思います。

真剣佑君が憧れ、俳優の世界に入るきっかけとなった人であり、兄の様に慕っていた春馬君との共演 とてもいい時間を過ごし、得る物も有り、とてもいい作品が出来たのではないでしょうか? 春馬君が同じ様に憧れ、慕った小栗旬さんと共演出来たの際の春馬君の事を懐かしく思い出されます。また春馬君の美しい殺陣.所作が観られると思うと、今からとても楽しみですが、コロナ禍で大変な世の中、公開日までにはこの状況が少しでも良くなり、全国で1つでも多くの劇場で上映される事を願います。

早いもので、あの日から半年が過ぎ、月命日の1/18春馬君に逢いに行って来ました。コロナ禍の影響で営業時間が短縮になり、観に行くにも難しい状況ですが、私の近くの劇場では1日1回から2回に増え嬉しい限りです。リターン上映される劇場もあるようで…この作品への評価や春馬君を想うファンの皆さんのお力だと思っています。何度観ても春馬君の殺陣.所作は、とても美しく素晴らしいと思います。撮影所の方々も春馬君の殺陣は見事でこれからの時代劇での活躍を期待していたくらいだそうですね。まだまだこれからも、渋味を増した春馬君の殺陣を魅せて欲しかった。MCをしていた番組で春馬君が言ってた「経年美化」俳優.表現者「三浦春馬」の経年美化の姿観たかったです。3/12公開の「ブレイブ群青戦記」での徳川家康役もきっと素晴らしい殺陣を魅せてくれると思うと、とても楽しみです。春馬君が全身全霊で挑んだ「天外者」が、ロングラン上映.リターン上映されますように…

最終日(1/11)わんぱくな春馬君をもう1度観たくて、目に焼き付けたくて行って来ました。子役なのに惹き付けられるその演技力と自然の中で子供らしく伸び伸びとした自然体の春馬君が居ました。古き良き日本の暮らし中、自然豊かな丹波篠山を背景に、家族愛.友情.命の尊さを経験を通して知り、成長していく姿に私達が忘れかけていた何かを、改めて教えられた気がします。パンフレットが届いたらまた映像を思い起こして、ゆっくり観賞したいと思います。コロナ禍での、3/12「ブレイブ群青戦記」夏公開予定の「太陽の子」が無事、全国で公開されますように‼

首都圏の緊急事態宣言で劇場で観賞する事も難しくなって来ているようですが、地方の劇場もいつその様になるのか不安です。春馬君の出演作品を1つでも多く観させて下さい!春馬君の歌声も好きですが、ナレーションなどで、語り掛ける春馬君の声はとても心地良く大好きです。是非、地方上映宜しくお願いします。

待ちに待ってようやくこちらでも1/8〜1/11無事上映される事になり初日早速12歳の春馬君に逢って来ました。昭和初期(昭和10年)自然豊かな丹波篠山を舞台にわんぱくだけど病弱なガキ大将の少年(春馬君)が家族や仲間との絆.色々な経験をして成長していく話でした。 インタビューなどで子供の頃土浦の山で遊び野生児でした。と、話していただけあって、生き生きとした春馬君でした。いじめられた友達の為に体が大きな相手に果敢に向かっていく姿.生き物が好きで庭に沢山飼って一生懸命世話をする優しい姿.素の春馬君そのままだと思います。劇中でいつも自分(春馬君)を気に掛けてくれていたお婆さんに酷い事を言ってしまい謝ろうとしていた矢先亡くなってしまい後悔と謝れなかった悔しさで泣くシーンは天外者の劇中でのお母さんが亡くなった際子供の頃に作った地球儀を見て泣くシーンとだぶってしまう程の演技力でした。流石2000人の中から選ばれ、その演技力に「神童」とも言われた春馬君 演技力は勿論、表情も豊かで笑顔.目力はこの頃から惹き付けられるものがあります。この少年(春馬君)がこんなに沢山の人達を魅了する素敵な俳優になったんだなとあらためて思わされました。そう思うと、もっと私達に色々な春馬君魅せて欲しかった。と悔やまれます。劇中で雅雄(春馬君)にお母さんが、一生懸命生きた人には「御苦労様.ありがとう」と言えばいいんだよ。と言うシーンがありましたが、私はまだ受け止められないでいるので、春馬君に言えません。あと2日あるので、都合が付けばまた観に行きたいと思う作品です。

天外者「五代友厚」に続き、ブレイブ群青戦記「徳川家康」不思議と12月26日生まれの英雄に縁があった春馬君 その雄姿を是非、観ていただきたい。全国で上映されますよう、皆様リクエスト宜しくお願いします。

今年初(5回目)春馬君に逢いに行きました。続々と公開される劇場が増えていて嬉しいのですが、私の住む地域では観客人数が、かなり減っていて寂しく思いました。「天外者」への五代友厚プロジェクトの方々.監督.キャスト.スタッフの皆さんの想いを、春馬君は[五代友厚]を学び論語.殺陣も学び全身全霊で表現者として、最高の五代友厚を魅せてもらいました。知れば知る程、見れば観る程、春馬君がこの作品への思い入れが伝わります。親友の翔平さんを坂本龍馬役に、同級生の蓮佛さんを妻役にお願いしたのも、藍染の手拭いに拘ったのも、いい作品にしたい為、信頼出来る気心知れた方々を置きたいと思われたからではないでしょうか? 劇中にある言葉「金も名誉も要らん…」五代さん.春馬君の志.想い.人となりがよく表れていると思います。監督が言われてた「今の世の中 今だけ.金だけ.自分だけ…」この時代に問い掛ける作品.俳優三浦春馬の代表作だと思います。

春さん

春

ページの先頭へ