JavaScriptを有効にして再度アクセスしてください。

上映リクエストランキング

4892

項羽と劉邦

項羽と劉邦

0 pt

上映リクエスト受付中

あと1ポイント4542にランクアップ!
製作年
2011
情報提供
ぴあ

私がこの作品を映画館で観たいワケ

  • 匿名 匿名
  • エンターテイメント性を追いかける最近の時代劇。だがこの作品は人物の内面を描いている、それも3人のスターが演じるとなれば是非〃劇場での公開されることを熱望します。

  • 匿名 匿名
  • 限定ながらも28日より映画館で上映予定の「項羽と劉邦white vengeance(原題 鴻門宴)」はこの作品と同じ題材、同じ登場人物です。2本立てで見られると、さまざまな解釈、さまざまな演じ方が見られて深く味わえるのではないでしょうか!ぜひシネマートさんで上映を!

  • 匿名 匿名
  • 『可可西里/ココシリ』で知られる中国の陸川(ルー・チュアン)監督の意欲作。項羽と劉邦、鴻門の会を題材にした作品は数多くあると思いますが、エンターテイメント性より、人物の内面を描く、真を追究したい、またそのような作品を撮りたいと考えているルー・チュアン監督の作品であるからこそ鑑賞したいと思う次第です。また、キャストは劉邦には中国の劉燁(リウ・イエ)、項羽には香港の呉彦祖(ダニエル・ウー)、そして韓信には台湾の張震(チャン・チェン)と人気・演技力を兼ね備えた三人を配している点、更には偶然なのか、意図的なのかわかりませんが、劉邦、項羽、韓信とそれらに配したキャストのそれぞれの持ち味が重なってみえたと監督が語っていたことも興味深いと思います。

  • 匿名 匿名
  • 「項羽と劉邦」ファンの方にもお勧めします。人物の気持ちも丁寧に描かれており良作です。 三傑ファンにも嬉しい場面多し!韓信(イケメン)・蕭何さんの出番も多い。張良は、今までの中国ドラマにはなかった晩年の姿にじ~んとしました。

  • 匿名 匿名
  • 香港・台湾・大陸のスターが結集しているにもかかわらず、きらびやかさは一切排除された重厚な作品です。泥とほこりにまみれ、さらに老いも加えられたキャストたちの苦悩の表情は、スクリーンで見てこそ価値があります!(というか、テレビ画面では暗くて判別しづらい可能性も…)

この映画の良い所をどんどん広めてファンを増やそう!

*「映画館で観たいワケ」を書き込んでください。(それ以外のコメントを書き込まれた場合、非表示になる場合がございます。)
それ以外の投稿はファン掲示板をご利用ください

リクエストの地域分布

「項羽と劉邦」をリクエストした人は、他にこんな作品をリクエストしています。

ドリパス君Twitterアカウント

ドリパスからのお知らせ

ドリパスをフォローする

貢献度ランキング

ページの先頭へ