JavaScriptを有効にして再度アクセスしてください。

上映リクエスト一覧

Fujimaruさんの上映リクエスト一覧です

作品名 リクエスト回数 貢献度ランク
[販売中] 東京公園 299回 6位
[上映候補] 真夜中の五分前 289回 11位
[上映候補] 進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド 268回 2位
[13位] 森の学校 166回 163位
[上映候補] キャッチ ア ウェーブ 133回 74位
[販売中] キャプテンハーロック 131回 245位
[上映候補] 君に届け 112回 262位
[上映候補] アキハバラ@DEEP 111回 14位
[上映候補] ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ 108回 57位
[上映候補] ブレイブ -群青戦記- 108回 166位
[上映候補] 奈緒子 102回 199位
[上映候補] アイネクライネナハトムジーク 98回 318位
[上映候補] 天外者(てんがらもん) 79回 273位
[上映候補] ゲキ×シネ「ZIPANG PUNK~五右衛門ロックIII」 76回 353位
[上映候補] ごくせん THE MOVIE 76回 221位
[上映候補] こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話 70回 761位
[上映候補] 金融腐蝕列島 〔呪縛〕 67回 45位
[上映候補] 進撃の巨人 ATTACK ON TITAN 62回 392位
[上映候補] 永遠の0 56回 1106位
[上映候補] コンフィデンスマンJP ロマンス編 50回 554位

"映画館で観たいワケ"投稿履歴

Fujimaruさんの観たいワケ投稿履歴です

東京だけでなく他の地域でも上映お願いします。

よくぞ、春馬君出演の五右衛門ロックを映画として残してくださった。スクリーンでは画面いっぱいの春馬君の流れる汗まで見えて、歌声の反響音も堪能出来ます。また観たいです。全国のスクリーンで上映してください。私は難波か心斎橋を希望ですが…

独特の流れ、春馬君ならではの作品。初めは亡くなったのは姉妹のどっち?と思ったけど、今は分かります。最後のシーンで。最近大阪で上映されていません。難波か心斎橋でよろしくお願いします。そして全国でも上映してくださるとうれしいです。

最近、東京ばかりで落ち込んでいます。ぜひ大阪難波か心斎橋で上映お願いします。

「東京公園」の映画大好きで、くずはモールまで行きたいけど、大阪であってもあそこは遠い。京都からの方が近いくらい。いつも「くずはモール」さんは春馬君の映画を上映してくださり感謝しているのですが…

あ〜あ、今回も東京だけだ 私は大阪難波で上映して欲しいなあ 色んなところでの上映をよろしくお願いします

この映画は春馬君自身がそこにいるような、ほっこり感がして大好きです。キャスト検索すると春馬君の顔写真が無い。そんな主役の顔写真を消してしまうなんて‼️ドリパスさんだけはそんなことしないて、春馬君が残してくれた映像をいつまでも上映してください。大阪でのアイネの上映がなくて淋しく思っています。大阪だけでなく全国での上映をよろしくお願いいたします。

五代友厚プロジェクトの天外者の映画再上映の企画は終わったと聞きました。 それなら、12月11日はドリパスさんで全国の主要の映画館で上映していただけないでしょうか。 それが毎年のイベントになればとも思います。その為には沢山ドリパスの映画を観て協力していきたいです。

とても面白いし、時間を忘れる程に見入ってしまう作品。前編後編イッキミがお勧めです。春馬君の「駆逐してやる」を聞きましょう‼️春馬君の巨人から出る時の真っ赤な目を見ましょう‼️この作品、決して春馬君は日本一ド下手な俳優ではない。むしろ観客を魅了してくれる。批判的な批評をした脚本家は、自分の関わった作品をこき下ろし、観客動員数や興行収入に影響を及ぼすとは考えなかったのか。座長として春馬君は世界中を宣伝に駆け回り、舞台挨拶では監督が春馬君の言葉かけに泣き出す始末。2015年の映画ですが、古さは感じず、壁の中の家畜と化した人々は、今の私たちとなんら変わりません。原作と違うのは原作者の意向。漫画とは違う、映画として楽しむ事にしましょう‼️スキータ・デイビスの透き通った歌声も、エンドロールの工夫も楽しめます。全国の映画館で是非上映して下さい。

先日、前編後編イッキミしました。面白かった‼️絶対おすすめです‼️この映画は大きなスクリーンで観るべき❗️春馬君の演技をド下手だと言った脚本家、どこが下手❓凄かったし、魅了させてくれました‼️次は一番前の席で首が痛くなっても、迫力を感じて観てみたい‼️全国で是非上映お願いいたします。

ドリパスでしか観れないのです。エジプトでラクダに乗せてもらったけど、高額の金額を請求され怖かった話、水が合わずお腹を下した話、共演者が春馬君が食べたいと言ったマクドナルドのハンバーガーを探しまくってくれた話。そういうエピソードはYouTubeで観れるのですが、映画は観れないのです。是非東京だけでなく、いつもの映画館でなく、全国の映画館で上映してください。

静かでゆったりした時間をかもすミステリー。春馬君の間合いの取り方、抑えた演技が、中国と台湾の演技者と自然にマッチし、私は大好きな映画です。中国では4000スクリーンで上映されたという。最近のギスギスした政情に、この映画が緩衝材の役目にならないだろうか。再び日本、中国、台湾で上映されたらと、それは夢かも知れないが、日本中の人をゆったりしたミステリーに誘ってください。

今こそ春馬君が、ド下手な俳優でない証拠の映画を上映してください。 酷評した脚本家は、その発言が興行収入、観客動員数に影響するとは考えなかったのか❗️ 春馬君は座長としての責任感から、世界58カ所も宣伝活動に走り回った。その結果、海外での評価はすごく高い。この映画は今の日本を描写しているかの如く、壁の中で外の本当の世界を知らずに、国のトップに操られ惑う家畜のような民衆。与えられる情報は操作され、自ら考えるのをやめることが幸せだと信じさせられる。正に今の日本。 この映画を大きなスクリーンで、迫力を体感したい。 是非、東京だけでなく、いつもの映画館だけでなく、多くの映画館で前後編一気見お願いします。 春馬君の「駆逐してやる」を聞きたいし、真っ赤な目も大画面で観たい‼️

春馬君が亡くなってもうすぐ1年。お別れ会は結局ないまま。どうかTOHOさん、バースデー上映の時のような企画をお願い出来ないでしょうか‼️本当の命日もはっきりしないから、何日か日替わりで。どうぞどうぞよろしくお願いいたします。

この映画も何度も観たい映画の一つ。言葉の掛け合い素敵なんですね。アンケートの時に「いいですよ」「いいんですか?」。結婚の返事の時に「いいですよ」「いいんですか?」思わずほっこりしてしまう。しっかり佐藤!もっとズケズケ行けよ!って言いたくなる。でも、バスに無理やり紗希ちゃんを乗せる佐藤君の笑顔、たまらんわ❗️全国の映画館で春馬記念日として7月中、上映してくれないかなあ〜何回も行きますから…

この映画こそ映画館のスクリーンで観たい。巨人の迫力、立体機動装置で空中を飛ぶシーン。この映画は春馬君の演技がどうのこうのと言われたが、下手なはずないでしょ!数々の賞も取っているのに。座長として春馬君は、世界中58ヶ所も宣伝活動に飛び回ったといいます。原作とは違うという意見もあるが、それは原作者の意向のため。秋葉原で前編後編同時上映が決まりましたが、是非全国で上映してください。

この映画って、めちゃくちゃなんですよね。波切島ならその方言あるでしょ。鶴瓶さんは雄介の父親と駅伝した幼なじみ、なら大阪弁はないで!それに元アスリートであのお腹、まあスポーツやめて太る人もいるから、でもガンで亡くなる設定。でもね、観てしまう。奈緒子に対する雄介の感情の変化。解ける因縁。最後のハグがいい‼️雄介が監督とハグ、それから手を伸ばして奈緒子を呼ぶところ。綾野剛も走っている。ごめん、やっぱり春馬君の方が男前。この映画の春馬君の顔見ていると、キリちゃんの名残も出てくるし、大人になった頃の表情もちらほら、丁度大人になっていく段階だったかな?是非全国での上映をお願いします。

この映画好きです。 慌ただしい現実から、すぅっとゆったりした異次元に来たような、穏やかな時間だけど、暗く深い謎の時間が来る不安。何を信じるのか?自分の感性か?分からなくなる怖さ? 行定監督と3人のキャスト。こんな不思議さを映画で表現するって? お願いします。いつもの映画館だけでなく、天外者のように全国での上映を。 日本、中国、台湾がエンタメの世界だけでも友好が結べたら、きっと春馬君も喜ぶと思います。

この映画はなんか穏やかになるのですよね。なんだろう?特別でない普通が、スッと観るものに入って来る。三浦春馬という俳優は、この頃からそういう演技もこなしている。春馬君は姉とのキスシーン、大画面で観るのは恥ずかしいと、長いよと言われるのではと、監督のカットが中々かからなかったと、言い訳していましたね。大画面でしっかり観たいです。大阪泉北で、全国で是非上映してください。

ゆったりしたこの映画の流れ好きです。光司の優しさも好きです。観終わったら、優しい気持ちが心の中に広がります。ただゾンビの表現が必要なのか不思議なんです。そうそう原作のヒロは死んでいませんでした。だからゾンビも出て来ません。原作とはだいぶ違いますが、それは青山監督の表現力が大きく、それに応えた三浦春馬を始めとするキャスト達の演技の良さが生きています。大阪泉北で、また全国で上映お願いします。

Fujimaruさん

Fujimaru

ページの先頭へ