JavaScriptを有効にして再度アクセスしてください。

上映リクエスト一覧

ちゃうシンイチーさんの上映リクエスト一覧です

作品名 リクエスト回数 貢献度ランク
[119位] ブルース・リー/死亡の塔 6621回 1位
[834位] 1981.9.22 私の、スペクトラム 676回 1位
[上映候補] オーディーン 光子帆船スターライト 529回 22位
[3239位] ノストラダムスの大予言 517回 4位
[上映候補] 宇宙戦艦ヤマト 完結篇 507回 7位
[1278位] かわいい女 470回 3位
[上映候補] ヤマトよ永遠に 427回 3位
[1640位] グッドバイ夏のうさぎ 完全版 260回 3位
[1294位] ブルース・リーの神話 231回 3位
[2440位] ブルース・リーを探せ! 227回 2位
[上映候補] さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち 201回 8位
[上映候補] 宇宙戦艦ヤマト 復活篇 ディレクターズカット 181回 15位
[306位] 銀河英雄伝説外伝/新たなる戦いの序曲(オーヴァチュア) 129回 24位
[789位] YMO PROPAGANDA 104回 25位
[上映候補] 宇宙戦艦ヤマト 新たなる旅立ち 98回 6位
[257位] 宇宙戦艦ヤマト2199/第七章 88回 29位
[1278位] ブルース・リー/電光石火 82回 5位
[868位] ブルース・リーのグリーン・ホーネット 75回 6位
[上映候補] 銀河英雄伝説外伝/わが征くは星の大海 69回 44位
[2440位] ブルース・リー 恐怖の鉄拳 死の香り 45回 2位

"映画館で観たいワケ"投稿履歴

ちゃうシンイチーさんの観たいワケ投稿履歴です

今年2019年は、あのブラスロック・バンド「スペクトラム」のデビュー40周年です。僕はかつて、この映画を大阪バナナホールや厚生年金会館中ホールで観ました。彼らの解散ライヴに行けなかったファンにとってレコードとはまた違った感動を与えてくれたものです。DVD化もされていますが、今こそ劇場でもう一度観たいです。

特別上映会で一部地域のみ劇場公開された『第七章 BD・DVDバージョン』をお願いしたい。これのみ、このシリーズで劇場で観れませんでした

「劇場用映画」という、劇場で観なければその真価は味わえない…という作品が中々出て来ない昨今、今作のようなスケールの作品をもう一度、劇場の大画面で体験したいです。

皆さん、こちらも宜しくお願い致します。 http://www.humax-cinema.co.jp/cinema/ikebukuro/index.html#lee0324

皆さん、こちらも宜しくお願い致します(笑)。 http://www.humax-cinema.co.jp/cinema/ikebukuro/index.html#lee0324

ヤン・ウェンリーさん、度々の激励ありがとうございます!ホント、毎度のジャヌ系はかき回してくれますね(笑)。我々マニアは淡々と水のように(笑)、ポチっとやって行くだけです

この映画のオリジナル日本公開版、いわゆる「東映版/最後のブルース・リー ドラゴンへの道」を成人してから再鑑賞することを我々はどれほど夢見て来たことでしょうか?それが今、現実のものとなろうとしています。僕が中学生の時に初めて見た「ドラ道」はコマもトビトビで音声もブツブツの酷いモノでしたが、今回のDCP化計画でその悪夢も一掃されます。夢に見たこの公開を、全国のファンの力で実現しようじゃありませんか!

ここまで来たら、part1劇場版~復活篇DC版までの全6作の一挙上映マラソン大会もイイですね!ヤマトⅢ総集編も組めたら最高のヤマト・サーガ上映会になるのですが。

この作品の最大の見所は、シリーズ全作を俯瞰した時に明確に見えてきます。第1作で沖田に「兄さん一人を救えなかった人が地球を救えると思いますか!」と憤っていた古代が、今作ラストでは「サーシャの一人も救えなかった。残ったのは血にまみれた手だけだ」と吐露します。ここで、古代がようやく沖田艦長の後継者へと成長した姿が見て取れます。皆さん、さり気ない名作だとは思いませんか?

この際ですから、ノーカット・最長版で見せて欲しいですね。表現に問題があるとか何とか言うなら、18禁にして下さい。東宝パニック映画と怪奇路線がクロスした、一つの到達点である作品だと思います。

実は、この作品のいわゆる「劇場用完全版」というのは、一度たりとも公開されたことがありません。「永遠に」とのリバイバル併映のときもTV放映版でした。追加部分の映像が実在すると現プロデューサーが言っていましたから、こうしたドリパスでの機会を使って、「完全版を見たい」というアピールを内外に示して行きたいと思います。

ブルース・リィ@ホー・チョンドーの、日本国内で劇場公開されたたった2本の内の貴重な一本です。今作はその後、国内ではソフト化もTV放映も無く、個人的には伝説の作品に位置しています。なるべくなら、日本初公開版そのままで上映してもらいたいですね。

日本版アヴェンジャーズの元祖的作品ですね。本当は、これに鋼鉄ジーグとデビルマン、キューティー・ハニーを登場させる続編を作って欲しいのですが、先ずは、あの子供の頃に心臓を高鳴らせた今作を劇場大画面・大音量でもう一度観たいです。

「上には上がある」という言葉がありますが、「下にも下が・・・」という事実を思い知らされた衝撃の一作です。あの「死亡の塔」が子供のお遊びに思えてきます。しかも、これがハリウッドで作られたということ。世の中、解らんものです。この作品が劇場の大画面で観れたら、どうなってしまうんでしょう?

続編「電光石火」同様、日本公開版のフィルムが観れるなら、これは何としても観たいです。日本オリジナルの部分怪鳥音挿入が愛おしいんです、宜しくお願いします。

日本劇場公開版のフィルムが観れるのなら、是非ともお願いします。ドリパスさん、川喜多映画財団にかけ合って下さい!(泣)

ヤマトの最高傑作と言っても過言ではないでしょう。今のアニメと比べると劇場鑑賞には厳しいものがあるかとは思いますが、名セリフの数々や演出の素晴らしさは至高の出来です。91年に魔女の宅急便が登場するまでは10年以上アニメ映画興行成績の首位に君臨しました。初めて映画を見て泣いたのもこの作品です。今一度、、大画面で観たいですね。

劇場で見たことの無い、ブルース・リー・アクション、唯一の作品です。これを劇場で流せる可能性は、現在、このドリパスしかないでしょう。国内発売中のDVDはスタンダードサイズですので、ここは一つ、シネスコのフルサイズでお願いします!

81年の日本初公開以来、30年以上一度も劇場公開されたことの無い作品です。そりゃあそうでしょう。ブルース・リー作品としては『酷すぎる』内容なんですから。しかし、この30年の間に、サブカル・ファンや功夫映画マニアの支持によって作品の評価は一変しました。今、改めて、その真価を劇場で味わいたいです。

東京国際ファンタスティック映画祭でのみ、ただ一度劇場公開された作品です。当時はブルース・リー・ドキュメンタリーの最高峰と呼ばれ、今も根強い人気があります。DVDで観慣れた作品ですが、今一度、映画祭での興奮を味わいたい。

ちゃうシンイチーさん

ちゃうシンイチー

ページの先頭へ