JavaScriptを有効にして再度アクセスしてください。

天外者(てんがらもん) を映画館で観たいワケ

  • No Name No Name
  • 12月11日公開が始まって以来、「天外者」を見に行くことが日課になっていましたが、今日18日で私が通い詰めた映画館での上映が終了しました。 早朝にも関わらずほとんどの席が、老若男女で埋まっていました。映画本編が終わり、春馬さんの名前が流れ始めると、大きな拍手が沸き上がり、春馬さんへの感謝と追悼の言葉が出ると、その大拍手は更に大きく。 特別メイキング場面が全て終わった時、お一人が立ち上がって拍手を始めると、ほぼ全員が立ってしばらく大拍手が鳴りやみませんでした。 今日は春馬さんの7回目の月命日にもあたり、胸の内は特別な思いで一杯だったのは、私だけではなかったようです。 春馬さん、素晴らしい演技・力強いメッセージを本当に本当にありがとうございました! すべて心に・目にしっかりと焼き付けました。 監督、素晴らしい作品に心から感謝いたします。 これだけ大きな影響・力をいただいた作品は、長い私の人生で初めてでした。 今後も他の映画館へ足を運ぶつもりですが、少しでも多くの場所で、もっともっと長く多くの人たちが、見続けられ、共に生きることの大切さ・生きることの目的を見つけることの大切さ・・等々をもっともっと考えるチャンスであり続けられます様に、心から願っています。

貢献度ランキング

ページの先頭へ