JavaScriptを有効にして再度アクセスしてください。

セブンガールズ を映画館で観たいワケ

  • 高橋典幸 高橋典幸
  • 舞台は、終戦直後の1946年、有楽町。戦争で、空襲で、家族、家、仕事、持ち物、財産をすべて失った女性や、戦争孤児。雑多な時代、生きるために身体を張って戦った娼婦たちとまわりの人々の人と人との絆の物語。コメディタッチで描かれ笑ってしまうシーンも要所要所に織り交ぜながら、お互いに助け励まし合って生きた人々の人情あふれる姿に幾度となく思わず涙した作品です。生きることを諦めず、命をつないでくださったこのような人たちがいたから現在の今の自分がある。73年前の東京を描いた物語ではあるが、今現在の物語でもある。2019年8月31日(土)12:45〜秋葉原UDXシアターでの1回だけの復活上映。楽しみにうかがいます。

貢献度ランキング

ページの先頭へ