JavaScriptを有効にして再度アクセスしてください。

上映リクエストランキング

16

君の膵臓をたべたい

君の膵臓をたべたい

2618 pt

上映リクエスト受付中

あと110ポイント15にランクアップ!
製作年
2017
情報提供
ぴあ

私がこの作品を映画館で観たいワケ

  • 魑魅魍魎 魑魅魍魎
  • ドリパスで二回程観ました。つい最近、秋葉原で観ました。個人的には次、大画面で観るのは半年先・一年先でいいかなとも思います。でも観終わった直後、不死鳥の如く私がリクエストしている映画の中でトップに踊り出てくるのです。それだけ観たい方が多い映画だと言う事でしょう。その人たちの期待に応えるべく私は相も変わらず毎日リクエストボタンを押し続けるのです。

  • No Name No Name
  • 50代のおっさんです。 WOWOWで放送されていた本作をたまたま観て、 はまりました。 「胸キュン」「壁ドン」ばかりの邦画界の中、 人と向き合い、人を尊敬し、人と人との繋がりを 大切に思う「人間愛」を描いた傑作です。 作品上、若い人たちの評価が高い作品ですが、 様々な人間関係を経験した大人にも観て欲しい、 いや観るべき作品だと思います。 特筆すべきは、主演の2人の演技。 ナイーブで内向的な【仲良しくん】役の 北村匠海さんはもとより、【桜良】役の 浜辺美波さんの演技が素敵でした。 序盤の駅前でのデート待ち合わせシーンでは まだ幼い演技でしたが、深夜の病室で【桜良】の 「君がくれる日常が私にとって宝物なんだ」というシーンや、ラストの手紙の朗読は秀逸。 短期間の撮影の中で、ここまで成長する浜辺さん、 伸び代半端ないです。 その演技の"せい"と、自分自身、10代の頃、 交際相手を事故で亡くした経験があったため、 【桜良】の"喪失感"は、切ないを通り越し、 苦しいほどでした。 特に、ラストの【春樹】に宛てた手紙。 【桜良】が木漏れ日の射す図書館の窓際に佇み、 「生きて…」と伝えるシーンは、余命短い境遇や 【桜良】を襲う不条理な死の現実を思うと、 胸が張り裂けそうになります。 (TVなどで見る元気で"生存"している浜辺さんの 姿で、気持ちの"修復"を行っていますが…) 唯一、不満なことが一つ。 【桜良】から贈られた「宝物」のおかげで、 12年後の【恭子】と【仲良し君】は"喪失感"から 救われますが、「春樹と呼びたい」「もう一度満開の桜がみたい」「なぜ春樹が『桜良』って一度も 名前で呼んでくれない理由を知りたい」といった 【桜良】への"宝物"は描かれていませんでした。 そのため、余韻を噛みしめるエンドロールが 黒味だったのが、私にとって切なさを増幅させる ことに…。 せめてエンドロールで… ●スイパラでの【仲良し君】と待ち合わせ ●釧路空港に向かう楽しげな機内 ●花咲線でかに飯を食べる ●満開のエゾザクラを見る ●【仲良し君】が【桜良】に宛てた最後のメールで 【桜良】が多分見ていない(見てて欲しいが…) 「君の膵臓をたべたい」という文面を【仲良し君】が直接【桜良】に伝える …といった【桜良】の最後の願いをイメージ映像で 流してもらえたら、私の中で【桜良】は無事成仏 できたはずです。 北村さんと浜辺さんが十代の面影を残している間に 撮影して、いつか記念上映してもらいたい程です。

  • masaki masaki
  • 当時忙しくて映画館で見れずDVDを購入してみたところ、公開中に行かなかったことを後悔してしまいました。前回はコロナウィルスや東京公演のみという条件で参加できませんでした。次は大阪などでも再上映を望みます。

  • ぺんぺん@美波推 ぺんぺん@美波推
  • 昨年、ファンの皆さんの熱意もあり、ドリパスで初めてキミスイを劇場で観ました。浜辺美波沼に落ちた原点。地上波録画を合わせるともはや有に400回をこえて観ています。何度リピートしても新鮮で瑞々しい。京都と福岡のであい橋にも、何度も足を運びました。劇場でみる感動をもう一度!

この映画の良い所をどんどん広めてファンを増やそう!

*「映画館で観たいワケ」を書き込んでください。(それ以外のコメントを書き込まれた場合、非表示になる場合がございます。)
それ以外の投稿はファン掲示板をご利用ください

リクエストの地域分布

「君の膵臓をたべたい」をリクエストした人は、他にこんな作品をリクエストしています。

過去に販売したチケット

ドリパスからのお知らせ

ドリパスをフォローする

貢献度ランキング

Yahoo!映画【※映画情報とバーターでの掲載のため削除不可】

ページの先頭へ