JavaScriptを有効にして再度アクセスしてください。

少女 を映画館で観たいワケ

  • やや やや
  • 印象的で絵画のような画作りの中で、「稲垣吾郎」とは思えない役者の顔が見られます。 美しく、残酷で、それでも光が感じられる、イヤミスでは終わらない新しい湊かなえ映画です。

貢献度ランキング

ページの先頭へ