JavaScriptを有効にして再度アクセスしてください。

ブレインストーム を映画館で観たいワケ

  • おがじ おがじ
  • 70mmフィルムを止揚し、夢の中は全面、通常シーンは35mm の1:2.35の画角で見せるという技法は監督のダグラス・トランブルのカッキテキ実験映像。このビデオ化はブルーレイでアメリカのみ発売されたが、16:3の、テレビでは決して表現できないものでした。特撮もしかり、当時の未来像もしかり、すべてが最新で、ヒットこそしなかったと思いますが、これを越える作品はいまだにみてません。3Dなど商業的に成功したものも、過去のさまざまな試みができた結果となる、ブレインストームは金字塔になります。 映像感としてはいまのIMAXに近いのではないか? 劇場でないとこの作品を表現できないトクシュナ永続作品。 ナタリー・ウッドの遺作であり、ダグラス・トランブルの監督としてとチャレンジであり、映画の歴史に刻まれる。 日本で取り上げられないのは、ビデオ化がむずかしいから認知度も低いからでしょうね。 70mmスクリーンでみたい作品。!

貢献度ランキング

ページの先頭へ