JavaScriptを有効にして再度アクセスしてください。

男たちの挽歌 のファン掲示板

  • 匿名 匿名
  • フィルムノワールに対抗して香港ノワールという名称を使ったのはこの作品からです。それだけバイオレンス色のカラーがあるということですね。初鑑賞は丸の内東映パラス(丸の内TOEI2)でしたが、客席はガラガラで3週上映だったと記憶しています。観客は全員男性で、場所柄かやくざ映画を観ていそうな感じの40代以上の年齢層が中心でした。まだスターのネームバリューが浸透していなかった頃らしい時期の客層です。この作品を観て真っ先に連想したのは「ワイルドバンチ」でしたね。当時は質の低かった(今もかな?)日本映画に対する香港からの挑戦状のように思えました。学生のときに巡り合えた思い出の1本です。新宿ミラノ座の閉館イベントでも上映されましたが、これも盛り上がりましたね。この邦題と香港ノワールの名称を考えたヘラルド映画のセンスには脱帽です。

宣伝目的や公序良俗に反するなど相応しく無い投稿は非表示になる場合がございます。
ドリパス君Twitterアカウント

ドリパスからのお知らせ

貢献度ランキング

ドリパスをフォローする

ページの先頭へ