JavaScriptを有効にして再度アクセスしてください。

上映リクエスト一覧

jumanjiさんの上映リクエスト一覧です

作品名 リクエスト回数 貢献度ランク
[357位] JAWS/ジョーズ 1806回 3位
[1424位] シャ乱Qの演歌の花道 1658回 1位
[478位] FUTURE WAR 198X年 1350回 1位
[3176位] 生地獄 1001回 1位
[3176位] 丑三つの村 1000回 1位
[3176位] カサンドラ・クロス 1000回 1位
[3176位] ヤスジのポルノラマ やっちまえ!! 1000回 1位
[1620位] バニシングIN60” 953回 1位
[1620位] ウエストワールド 918回 1位
[1424位] 連続殺人鬼 冷血 ~犯罪史上空前の連続23人強姦殺人事件 845回 1位
[1424位] ペンギンズメモリー 幸福物語 817回 1位
[1424位] 徳川一族の崩壊 815回 1位
[1346位] スウィートホーム 810回 1位
[659位] 宇宙戦士バルディオス 728回 7位
[上映候補] オーディーン 光子帆船スターライト 709回 20位
[1152位] シャブ極道 694回 1位
[1424位] Presents うに煎餅 577回 1位
[921位] 凶銃ルガーP08 574回 1位
[1620位] 白鯨 556回 1位
[1373位] 食卓のない家 372回 1位

"映画館で観たいワケ"投稿履歴

jumanjiさんの観たいワケ投稿履歴です

AVメーカーのソフト・オン・デマンドが「ああ、一軒家プロレス」の次に製作、池袋シネマサンシャインで独占公開された作品です。原作者自身が監督しています。

DVDどころか、この作品はVHSでも未発売だったと記憶しています。つまり一度もソフト化されていない幻の作品です。 まだ宝塚女優だった頃の黒木瞳の映画初出演作でもあり、公開当時のパンフレットには小さな欄でインタビューが掲載されています。 評価が芳しくなかった作品と聞いていますが、年月を経て見直すことで新たな見方が出来そうな作品のような気がします。東宝の8.15シリーズ「連合艦隊司令長官 山本五十六」や「太平洋奇跡の作戦・キスカ」などの丸山誠二監督の遺作でもあります。

今月の16日と17日に新文芸坐で一周忌上映を開催します。「おれの行く道」との二本立て上映で、16日の最終回は応援上映が実施されます。

予想通り今回の映倫審査では15禁ではなく、18禁の指定を受けました。刺激の強い性愛描写というのが指定の理由のようです。「午前十時」では最初で最後の18禁上映ということになりますね。しかしそれとは別に今回の上映では字幕の表記は新訳になるのか、ソフト化されている素材に準じた表記になるのかが気になります。画質も含め、ますます観直したい作品です。「カリギュラ」と合わせてM・マクドウェルのキャラが活かされた代表作でもあります。

これ確かテアトル池袋で独占上映されていた作品だったと思います。この時期のテアトル池袋はアニメシアターと銘打って、独占上映された作品が多数あった頃だったと記憶しています。アニメシアターになる前はレギュラー声優陣とは別物の「ルパン三世 風魔一族の陰謀」も上映していた劇場です。 スロープもなく座席も互い違いになっていなかったので、前に人が座ると障害物と化してしまう最悪の上映環境でした。 もうとっくの昔に閉館していますが、この作品も含めてもっと上映環境の整ったスクリーンでベストな状態(上映素材も含む)で観たい1本です。

6月7日から角川シネマ有楽町での上映が決まりました。 ムビチケカードも今月の26日から発売されます。 もう単独のチラシも出回っていますよ。

初鑑賞はテアトルダイヤでの上映でした。 DVD化されていますが、初版で購入した方は通常の再生では御巣鷹山の描写などがカットされています。 今では故人となられた方々も多い奇跡のキャスティングと、様々な86年の事象を描いた正に時代を象徴する作品であり、間違いなく80年代邦画の中で10本の指に入る傑作です。 劇場での上映形態は初公開版が望ましいです。 のちに「シャ乱Qの演歌の花道」や「おくりびと」を監督する滝田洋二郎監督の一般映画初作品であり、内田裕也の代表作でもあります。

公開当時は神代辰巳監督の「地獄」と2本立てでした。漢字二文字によるタイトル同士の組み合わせも絶妙なインパクトがありました。 先日逝去された内田裕也と若松孝二監督が「水のないプール」以前にコンビを組んだ作品です。 ところが残念なことに、この作品は一度VHSで東映から発売はされていましたが、その後DVD化されている様子がなく、若松監督の特集上映でも見かけません。 権利元が他の若松作品と異なっているからだと思われますが、79年の東映系公開以来、長らく鑑賞していない作品なのでぜひとも見直したい1本です。 音楽業界の裏面を描いているので、内田裕也らしいレベルの内容という点でも、観る価値はあると思いますが・・・

目黒シネマにて「AKIRA」と二本立てで明日まで上映しています。 しかも35ミリフィルムです。 丸の内ピカデリーでの初公開で「最臭兵器」のエピソードに圧倒さました。また一度聞いたら忘れられない石野卓球のエンドロールの局も秀逸です。

実写版の公開も決まり、最初にアニメ化されたこの作品も観直しておきたいです。初公開は「東映まんがまつり」としての1本ではなく、シブがき隊の映画出演作「ヘッドフォン・ララバイ」との同時上映でした。単独のパンフレットも製作されており、ジャニーズ・アイドルとの摩訶不思議なカップリングでしたね。

去年の日劇ラストショウで鑑賞したばかりなのに、また35ミリフィルムで上映されています。 劇場は目黒シネマ。同じく昨年鑑賞した「999」の2本立てを実施したコヤです。今回は2週間限定で、すでに土曜日から上映されています。 今回の特徴は同時上映が入れ替わることです。本日までが「スチームボーイ」で12日~14日が「スプリガン」、15日~17日は「メモリーズ」、18日~20日が「幻魔大戦」、21日と22日は「ショート・ピース」が同時上映として観れます。「幻魔」と「ショート」以外の作品も35ミリフィルムです。

自分も初鑑賞は文芸坐での上映でした。修正の丸いボカシも覚えています。なんともはやチン妙な現象でしたね。 「午前十時の映画祭」で10月に上映されますが、これは内容からして今の審査基準ではR15は避けられないかも・・・ その代わり修正はある程度は緩和されていそうなので、完全(!?)な形での上映は自分も初めてスクリーンで鑑賞することになりそうです。

もともとはシネマート新宿で2016年の秋に公開された韓国映画セレクションの1本として上映された作品です。「プリースト」と「朝鮮魔術師」との共通前売券で自分は「プリースト」の方を観たのですが、こういうセレクションからリクエスト作品が浮上してくるというのも意外で面白い現象です。 一度は上映候補になって秋葉原で上映されたのですが、スケジュールの都合が合わずチケットを断念していますので、次の機会に是非観る予定を組みたいです。

だいぶ前に歩行中に穿いていたズボンのポケットに穴があいてしまい、足元にジャラジャラとこぼれてしまったことがあります。そのときの状況がこの作品を連想させました。 初めて地上波で見たときは前・後編に分かれての放送。その後、東劇でのリバイバルやDVDのアルティメット・コレクションでも堪能しましたが、これもスクリーンで観たほうがいい1本です。今回久々に「午前十時の映画祭10」で来年の2月に上映されます。

松竹・東急系の初公開でも不入りで、三週間で打ち切られています。タイトルからして客が来なさそうだなと思っていましたが、作品の出来はそこそこ良くてビジュアル・ファンタジーとでもいうべき映像に魅せられた一編でした。 クイーンが音楽に関わった作品ということで、「ボヘミアン」のヒットに便乗して上映すれば今なら客がつきそうな気がしますが・・・

大半の邦画もスクリーンで鑑賞していますが、この作品だけは見逃してしまいました。 ジャッキー・チェンの出演していたリメイク版は観ていますが、オリジナルは未だ鑑賞していません。 DVDでは集中して観れない性分なので、固定された空間で鑑賞したいです。

「ロレンス 完全版」も「午前十時の映画祭10」での上映が決定しています。 ただし時期は今年中ではなく、来年1月早々に上映ということでチラシやHPで告知されています。 恐らくデジタル上映になってしまいますが・・・ 本当は90年代に丸の内シャンゼリゼ(丸の内TOEI②)で70ミリで鑑賞したときのように、フィルム上映で観れるのが一番いいんですけどね。 ちなみに「ロレンス」は自分が国内で鑑賞した最後の70ミリ作品でもあります。

90年代に未公開映像を加えたヴァージョンが日比谷映画で上映されましたが、その後は再映されている気配がないようなので、またスクリーンでキチンと観たい1本です。 本当は「午前十時の映画祭」あたりでの上映にでも編成されればよかったのですが、ラインナップが決まってしまいましたので、また別の上映形態での鑑賞が実現されればいいのですが・・・

この作品の監督はクセのある作風があり、過去に「先生を流産させる会」とか、最近では昨年公開された「ミスミソウ」があります。 独自の世界観がアピールされた異色作として、この作品も見直してみたい1本ですね。

「ジョーズ」と同時期の4月に午前十時の映画祭で上映決定です。 80年代に「特別編」の方を70ミリで鑑賞したことがありますが、今回はファイナル・カット版での上映です。 このヴァージョンは円盤でも未見なので、最初にスクリーンで観たいです。

jumanjiさん

jumanji

ページの先頭へ