JavaScriptを有効にして再度アクセスしてください。

上映リクエスト一覧

匿名希望さんの上映リクエスト一覧です

作品名 リクエスト回数 貢献度ランク
[上映候補] 宇宙戦艦ヤマト 復活篇 88回 41位

"映画館で観たいワケ"投稿履歴

匿名希望さんの観たいワケ投稿履歴です

一日千秋の思いで待ち続けた作品です。劇場公開版とディレクターズカット版とがございますが、私は断然、劇場公開版が好きです。効果音、特に主砲の音声などが昔の作品と異なるなどの指摘をよく耳にしますが、私はこの新しい効果音を支持致します。新生ヤマトであり新しく生まれ変わったのですから、昔の効果音に戻す必要性はないと思います。また、BGM、音楽もクラシックが多用され、これも映像とマッチしており、新しい試みとして、ヤマトの奥深さとヤマト音楽のルーツがクラシックに由来していることが再認識することができました。ディレクターズカット版では、特に後半部分で、BGMが昔のヤマトのサントラに差し替えられておりますが、これは逆に作品世界としての広がりを狭くしてしまっており、特に、敵の要塞が出現したときに流れる『グリーグ』の『ピアノ協奏曲 イ短調 作品16』が別の音楽に差し替えられてしまったのは非常に残念な思いがしました。そういった意味で、完全オリジナルとしての復活篇ヤマトとしての個性は、この劇場公開版の方が荘厳さがあり、私は好きです。 また大きなスクリーンで、劇場公開版を堪能したいです。

中学三年生を卒業した翌日、35mm版を渋谷の東急レックスで早朝鑑賞し、西崎プロデューサーにパンフレットにサインをして頂いた思い出があります。 そして、高校に進学した1年生の秋頃、70mm・6ch版を渋谷の東急パンテオンで鑑賞し、劇場を出るとき、西崎プロデューサーに握手をして頂いた思い出もあります。 この作品の見どころは、まず、最高峰のシンフォニーと素晴らしい映像とのシナジーです。冒頭のナレーション、ディンギル星の水没、都市衛星ウルクのシーン、ヤマト発進、冥王星海戦、水の星アクエリアスとの遭遇、アクエリアス上空での決戦、ニュートリノビームの脅威、ウルク決戦、たたみかける様に決戦が続き、古代が乗組員を説得するシーンへと続き、刻々とラストに向かっていく淋しさ、沖田艦長(ヤマト)とアクエリアスから伸びる水柱との対峙と波動砲によるヤマト自爆、映像とともに奏でられるBGMは、ヤマト史上最高峰の仕上がりと言っていいと思います。すべてのスタッフが、最後のヤマトにありたっけのものを注ぎ込んだと言っていいでしょう。私にはそう感じました。 もう一度、劇場で、ワイドスクリーンで、立体音響で、完結編を堪能したいです。奥行きのある映像がとてもきれいだったことが今でも印象に残っています。 是非、宜しくお願いいたします。

匿名希望さん

匿名希望

ページの先頭へ