JavaScriptを有効にして再度アクセスしてください。

上映リクエスト一覧

No Nameさんの上映リクエスト一覧です

作品名 リクエスト回数 貢献度ランク
[上映候補] 太陽の子 58回 61位
[上映候補] 東京公園 56回 142位
[販売中] 銀魂2 掟は破るためにこそある 33回 129位
[1位] アイネクライネナハトムジーク 33回 455位
[販売中] ゲキ×シネ「ZIPANG PUNK~五右衛門ロックIII」 32回 98位
[上映候補] 天外者(てんがらもん) 28回 227位
[4位] こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話 28回 806位
[3位] 恋空 24回 114位
[上映候補] ブレイブ -群青戦記- 24回 145位
[上映候補] コンフィデンスマンJP ロマンス編 16回 347位
[上映候補] 世にも奇妙な物語 2011年秋の特別編 11回 478位
[販売中] 永遠の0 4回 2812位
[上映候補] 奈緒子 4回 1768位
[16位] ゲキ×シネ「五右衛門ロック」 2回 2149位
[上映候補] 殺人偏差値70 1回 834位

"映画館で観たいワケ"投稿履歴

No Nameさんの観たいワケ投稿履歴です

DVDで何度も観ていますが、念願かなって今日「恋空」を初めて大画面で観てきました。 ドリパスさんありがとうございます。 ヒロのあの純粋さ・優しさ・温かさ・大事な人を守るあの真っすぐさ・力強さ等々、すべて春馬さんと重なって観てしまいました。 今日は初めから最後まで涙が出っぱなし状態でした。 DVDでは、どうしても画面が小さいので、見逃してしまっていた春馬さんの深い心を表現する繊細な顔の表情・演技に、大画面故に今日初めて気付いた箇所が幾つもあり、改めて春馬さんの演技の凄さに私の心は鷲掴みされ感動でした。 やはり映画はDVDではなく、大画面で観るべきものだと痛感。 でないと、大事なものをに落としてしまう。  当時のあの年齢で、すでにあの演技の深さ・レベルの高さは比類稀。 あのヒロもやはり春馬さんにしか演じられない。 春馬さんのヒロは永遠です。 また大画面であの純粋なヒロに逢いたい。 どうか繰り返しの全国での上映お願いします。

海外へ一歩一歩確実に踏み出した「天外者」! 一つの社会の中で、個々人が出来ること、周りの人たちの事を真摯に考えて共に(!)よりよく生きるために何が大事なのか・・・伝統・文化・宗教・風習等々は違えど、こうした事はどの社会でも最も大事なことで、世界共通だと思います。 日本が誇れる唯一無二の表現者である春馬さんが全身全霊で演じた五代友厚の生き方を通して、世界中の人たちがもう一度立ち止まって、温かな未来を見つめ、より良い「社会」を考える良いきっかけになるはず。 世界に誇れる春馬さんの演技。 この作品をきっかけに、春馬さんと言う役者としての存在を知り、更には素晴らしい「人間三浦春馬」がどんな人だったのかも知ってもらいたい想いで一杯です。 彼の優しさ溢れる人間性を知ることも、より温かな社会を作っていく上で、大きな大きな力になること間違いありません。 今後もどんどん「天外者」が世界へ広がっていきますように!! 国内でもどうか少しでも多くの場所での復活上映が継続していきますように!! いつまでも「天外者」を応援します。

先日またドリパスUDX秋葉原で春馬さんの心九郎に会えました。登場したその瞬間から最後まで、息をすることも忘れてしまうような、キラキラと眩いばかりの心九郎の姿! 一挙一動に目が離せない躍動感と興奮! 「心のひだ」を繊細に歌い上げる見事な歌唱力・舞うように美しく力強い殺陣の動き・・あの種のあのレベルの美しく力強い殺陣場面は、他のどの役者さんの作品でも観たことがありません。 殺陣の場面であんなにも美しいと感じた作品は! いや、彼以外には出来ない! それを今回も再認識! すべて彼の努力の賜物。 3時間と言う長い時間にも拘らず、彼の眩いばかりの輝きに引き込まれ、感動し、興奮し、完全に「心九郎」の世界にはまり込んでしまっていました。 そして、最後に春馬さんへの追悼の言葉が流れた瞬間、一挙に現実に引っ張り戻されてしまった。 思わず心の中で「何で??」と、また叫んでいました。春馬さんのように、あんなにも舞台で輝ける人は他に見たことがありません。 いや、居ないと思います。 当時若干22歳。 もっと新しい舞台が観たかった。 でも春馬さん、あなたの「心九郎」は永遠です。一生私の心の中で、活き活きと生き続けます。 繰り返し繰り返し観て、これからも元気を貰い続けます。 春馬さん、ありがとう!!  多くの人も同じ想いのはず。 これは絶対に大画面で観るべき。 どうか繰り返しの上映を、全国でお願いします。

春馬さんの鴨太郎に会ってきました! DVDで何度も何度も何度も観た鴨太郎! 劇場の大きな画面で観たのは今回が初めて。 感動でした!! 鴨太郎が出てくる場面で、やっと初めてこのストーリーがスタートする様にさえ感じるくらい、彼が登場するだけで画面が・ストーリー自体が引き締まり、作品自体が別格になる気がします。 目が離せない見事な殺陣・・どんなに激しい殺陣の動きの中でも、絶対にぐらつくことのない上半身の安定した美しい殺陣の動き・ひとつひとつの目の表情・所作の美しさ・どこまでも気高く、繊細で尚且つ大胆で、幼い時から抱えた心の傷・・その悲哀を悲しいばかりに見事に演じている表現力・低く響くあの魅力的な声・・・すべてが美しい春馬さんの最高の鴨太郎が大画面で輝いていて、画面から今にも出てくるようにさえ感じるくらいでした。 彼のすべての作品は、どれも一生忘れることは出来ませんが、鴨太郎の美しさはちょっと別格!! 色んな想いが重なってしまい、どうしても彼の最後の場面では、涙を堪えることは出来ませんでした。  春馬さん・・せつなくも美しく力強いあなたの「かっこいい鴨太郎」・・・一生忘れません。 ありがとう!  これからも何度も大きな画面で観続けたい。 繰り返しの復活上映をいつまでもリクエストし続けます。 少しでも多くの場所で、少しでも多くの人たちがこれからも観続けることで、いつまでも私たちの心の中でこの鴨太郎は永遠にその輝きを失わず生き続けます。 よろしくお願いします。

今日また春馬さんの心九郎に逢ってきました。毎回観る度に、その圧巻の素晴らしさゆえに見終わった後の喪失感が倍増してしまっています。 改めて(!!!)痛感します・・この心九郎は彼以外には絶対に演じられない・・彼が演じたあのレベルのパフォーマンスは! その華やかさ・繊細さ・美しさ・心に染みる歌唱力・息を呑むように美しく力強い殺陣・あのダンス力・心情を繊細かつ豊かに表す表現力・表情等々・・・初めから終わりまで、心を・目を・耳を鷲掴みにされる。 他の役者さんに絶対に感じられない人を引き付けて離さないオーラが3時間通して輝きを放っています。 彼が活き活きと息ずいている! 彼が演じたどの作品のどの役にも言えることですが、彼は「心」を演じられる唯一の表現者だと私はそう思っています。 数多い役者さんたちの中でも、「心」を演じることの出来る人は多くは居ません。 増してや彼のレベルで演じられる人は居ない。 今日もそれを強く強く感じました。 今日感じた感動・興奮で今もまだ頭の中は一杯です。 何度も何度も上映して頂きたい作品です。 これこそ大画面で観るべき作品。 如何か全国での上映を。

確か織田信長の言葉だったかと思いますが、「必死に生きてこそ、その生涯は光を放つ」と。 正に春馬さんが生き抜いた時間がそれだと感じています。 そんな彼が「戦争を絶対にしてはいけない」と繰り返し、必死に語ったいた姿が脳裏から離れません。この夏映画版として上映されるこの作品を、私はそんな彼の想いを受け継ぐつもりで、戦争を考える気持ちを真摯に持って観たいと思っています。 またそうするべきだと。 この問題は、皆(!)が考えて行動することで初めて(!)戦争を失くす第一歩になると信じます。 どうかこの夏以降も、こうした視点を忘れないためにも、繰り返しの復活上映を、少しでも多くの場所でお願いします。 いつまでも忘れないように、肝に銘じるためにも・・・! お願いします。

春馬さんのあの日以来、彼のすべての作品を繰り返し繰り返し観てきています。 この「進撃の巨人」前編・後編も例外ではありません。 観る度に、痛感させられる・・彼がいかに心身すべてをこのエレンを演じるために捧げて演じているかと言う事を。 彼が演じたどの役も同じです。 その想像を絶すると言っても良いほどの努力あってこそ、あれだけ感動させられる役を作り得ている・・この作品は特にそれを感じます・・それを目の当たりにする。 改めて思います・・何てすごい30年と言う軌跡なのだどうか・・と! 誰も出来ない素晴らしさの詰まった30年! あの様に必死に努力して生き抜く・・簡単に出来ることではありません。 それも周りへの感謝、分け隔てない優しさと温かさ、思いやりを常に忘れることなく! 彼の残してくれた作品から、私ももっと努力して日々過ごさなければならないことを痛感します。 彼の魂を感じるこのエレン・・本当に素晴らしい。 「素晴らしい」と言う表現では、言い尽くせません。 永遠にエレンは心に生き続けます。 どうか繰り返しの前編・後編同時復活上映を、全国でお願いします。

春馬さんのあの日以来、彼のすべての作品を繰り返し繰り返し観てきています。 この「進撃の巨人」前編・後編も例外ではありません。 観る度に、痛感させられる・・彼がいかに心身すべてをこのエレンを演じるために捧げて演じているかと言う事を。 彼が演じたどの役も同じです。 その想像を絶すると言っても良いほどの努力あってこそ、あれだけ感動させられる役を作り得ている・・この作品は特にそれを感じます・・それを目の当たりにする。 改めて思います・・何てすごい30年と言う軌跡なのだどうか・・と! 誰も出来ない素晴らしさの詰まった30年! あの様に必死に努力して生き抜く・・簡単に出来ることではありません。 それも周りへの感謝、分け隔てない優しさと温かさ、思いやりを常に忘れることなく! 彼の残してくれた作品から、私ももっと努力して日々過ごさなければならないことを痛感します。 彼の魂を感じるこのエレン・・本当に素晴らしい。 「素晴らしい」と言う表現では、言い尽くせません。 永遠にエレンは心に生き続けます。 どうか繰り返しの復活上映を、全国でお願いします。

ANA国際便での上映が始まっている「天外者」の英語字幕付き画像を今朝見ました。 台湾上映に先駆けて、本当の意味での世界への第一歩。 その羽ばたきを目の当たりにした気がして、嬉しくてなりません。 監督・春馬さんおめでとうございます!! 世界のひとつでも多くの国へ届けられていきますように、心から応援します。 人種・文化・宗教・伝統‥等々が違っても、ひとつの社会で人が生きていく上で、「共に生きる」為に、何を個々人が成すべきか・・・何が一番大事なことか・・それはみんな同じはず。 この作品はきっと観た人誰しもに、この点を改めて真摯に考える良いチャンスになって行くことでしょう。 それと共に、春馬さんの唯一無二の表現者としての見事な熱演をも、しっかりと目に・心に焼き付けてもらいたいと思います。 春馬さんと言う「日本の掛け替えのない宝」の存在を、世界に知ってもらう、最高の機会でもあります。 海外への広がりとともに、国内での復活上映もずっとずっと続けて行っていただきたい思いで一杯です。 よろしくお願いします。

春馬さんの心九郎は永遠の輝く光! 観るたびに、息を呑むその美しさ・力強さ・繊細な心の表現・その深い心のひだを歌い上げる究極の歌唱力・どんなにスピード感あふれるダンスの瞬間にも、指先までもが表現しているその繊細さ・まるで舞うように美しく力強い見事なばかりの殺陣・・等々・・彼以外には絶対に出来ない神がかり的レベルのパフォーマンス! すべて彼の並々ならない陰での努力を重ねられた、言って見れば「彼の魂」を感じます。 一瞬も見逃したくない思いに駆られる、引き込まれる彼の魅力は全編に溢れています。 観終わった後も、ずっとずっとその感動と興奮は頭から離れません。 私は東京で観れますが、全国の多くの人が望んでいる作品。 どうか何度も何度も全国上映をお願いします。

「君に届け」の熱い想いでも待つタイプの風早くんも、胸が痛くなるほど青春で大好きですが、その全く逆で、体を張っても常に美嘉を守ろうとするヒロには、いつも心が鷲掴みされてしまいます。 この全く逆の正に青春真っただ中のふたりを、見事に演じ分けてる春馬さん。 凄いの一言! やっと(!!)大画面で観れることになり、これほどうれしいことはありません。 後はチケットをゲットできますように祈ります。 こんなに素敵な作品です、今後もどうか継続的に上映お願いします。

春馬さんが演じたすべての作品でのすべての役は、彼にしか演じられないものばかり。 この風早くんも例外ではありません。 物事を広い角度から冷静にみられる視野の広さ・芯の強さ・でも控えめ・優しさ・温かさ・そして何と言ってもその透明感! ・・・そんな風早くんは、春馬さんそのもの。 青春の胸のときめき・胸の痛み・・・このある意味静かな、でも熱い風早くんのせつない心の動き・想いが胸が痛くなるほど伝わってくる。 DVDでしか見たことがなく、大画面で是非是非観たい。上映お願いします。

明日で上映終了。 今日最後にまたあの素晴らしい春馬さんの元康に逢ってきました。名優・唯一無二の表現者・・・これだけでは、彼の素晴らしさは言い尽くせません。 観れば観るほどそれを感じます。 人間として・表現者としての他と比較にならないレベルでの素晴らしさ・・心から尊敬します。 この作品でも、その並々ならない素晴らしさゆえに、観終わった後の喪失感はより大きくなってしまいます。 もっともっと彼の新しい表現者としての顔を見たかった。 そしてあの笑顔を。 でも一生忘れることのできないこんなにも素晴らしい「元康」を届けてくれて、春馬さん、本当にありがとう。これからの日々の生活の中で、「元康」の言葉として届けてくれたあなたの言葉は、大きな力・光になり、力強い「加勢」です。 これを再認識するためにも、もっともっと多くの人たちが、何度も何度目観れますように、全国での上映お願いします。

ただただ元康の場面が観たい。 この場面だけでこの作品の全テーマが! この元康像は春馬さん故に作り得た、新たな輝く徳川家康像! あんなに自分の民を心から愛し、命がけで守ろうとする、あんなに心優しいリーダー、あんなに温かく、あんなに力強く、あんなに慈愛に満ちた包容力、自分の力を信じて自分で切り開く未来をあんなに輝いた眼で語る元康・・・それは春馬さんが歩んだ30年と言う彼自身の掛け替えのない素晴らしい軌跡そのもの。 だからこそ、元康の口から話される一言一言が、「嘘のない真実の言葉」として、心の奥底まで響き渡る。 だからこそ、一旦心に入り込んだ言葉は、一言残らずずっとずっと残るのです・・・きっと私の心から永遠に消えることのない言葉として!! 絶対に他の人が演じたら、こんなにも心に響くことはなかった・・・それだけは確かです。  ほとんどの劇場での上映はもう終了しています。大画面で是非是非復活上映を。 ここで語られた元康の言葉を、今、そしてこれからも歩き続ける私たちみんなにもっともっと届けてください。今以上にもっと前向きに歩いていける、そんな大きな力と光がそこにあるからです。 是非お願いします・・全国での復活上映を!!!! 繰り返しの上映をお願いします。

健太郎が祖父の過去を辿りながら、戦争がもたらす悲劇・その時代を生きなければななかった人たち・・・それを知るにつれ成長していく姿を、実に見事に春馬さんが演じている。 今こうして私たちの生活が出来ているのは、そうした人たちが、国の決定に翻弄され、愛する人たちを失い、身を心を削って突き抜けた時代があったからこそ。 それを決して忘れてはいけないことを、改めて考えさせられる名作。 春馬さんはそうした戦争への想いを、色んな所で語っていた。 「絶対に戦争をしてはならない」ことを! 「太陽の子」でも彼の魂こもる演技でも伝わってくる、彼のそうした強い想いを、私たちはっしっかりと受け止めた上で、この2作を見るべきだと思います。 戦争は他人事ではありません。 自分の事として本当に真摯に考えなければならない。 東京でも上映をお願い致します。

歯科医初島が光司に言う台詞・・「君には才能があると思う。君の写真は被写体を温かく包んでいる。まるで公園みたいに。」と。 これを聞く度に、私にはこれは正に春馬さんそのものへの評価のように響きます。本当に彼は公園のような人だった。この作品の中で、美しい公園の風景にすっぽりと、ごく自然に同化しているかのような光司の姿は、春馬さんの優しさ・温もりそのもの。 言葉少なめに進められる、この作品のゆったりとした時間の流れは、心地よい温もりでに包まれ、自分まで優しくなれるような気が。 何度も何度も大画面で観たい作品。よろしくお願いします。

5月8日のチケットゲットできませんでした。 どうか東京で更なる上映を切に切にお願いします。 いつもそこに居る普通の佐藤君と言う人物! だからこそ、観るたびに何だか安心してその静かな温かさにどっぷりと包まれてしまいます。 それこそが、普段私たちが忘れかけているような、すぐそばにある幸せなのかと。 普通の事への感謝・その素晴らしさへの再認識を教えられます。 そこには「三浦春馬」を一切見せず、佐藤君に成り切って演じている春馬さんの凄さを感じます。彼のすべての作品に感じますが、演じる役に100%成り切れるその融和感を出せるのは、五万といる役者さんの中で、春馬さんだけだとそう思います。 だからこそ「唯一無二の表現者」と言う言葉が彼には相応しい。 東京での上映お願いします。

昨日も投稿しましたが、正にこの作品は「天外者」の五代友厚へ、そして「ブレイブ群青戦記」の元康へ真っすぐつなっがているメッセージのあまりにも多い作品だと改めて感じる。 「命を懸ける時、それは守りたいものの為に、一所懸命」この言葉に繋がっています。 いかに友とともに生きるか、人生のあまりにも深いメッセージ性を感じ、改めて感動し・感激しています。 それにしても、春馬さんの演技・・・こんな演技が出来る人は、もう二度と現れない。 是非是非前編・後編同時上映を強くお願いします。

特にあの日以来、春馬さんの全作品を何度も何度も繰り返し観てきています。この「進撃の巨人」前編・後編も例外ではありません。 しかしこの作品も観るたびにそれまで見逃していた新たなメッセージに気付きます。 それが春馬さんの他の全作品と、一本の糸で結ばれた様に同じ内容のメッセージだと言うことに! 今よりより広い外の世界を見つめ、新たな可能性を見つめ、又共に生きると言う優しい目でそれを見つめる「未来を見つめる視線」です。 これは「天外者」へ「ブレイブ群青戦記」へと繋がる一本の糸のような共通のメッセージ! 改めて、この「進撃の巨人」もそうした意味で、今日見なおしてみて、新たに心に響くいくつものメッセージに出会いました! そして改めて心から感じます、この作品でも彼の並々ならない努力の上にある、比類稀なる素晴らしい演技に脱帽するばかりです。 本当に世界で唯一無二の表現者だった春馬さん。 私は彼のすべての作品のすべての役を心に焼き付けて一生忘れません。 大画面で前編・後編同時上映を是非お願いします

特にあの日以来、春馬さんの全作品を何度も何度も繰り返し観てきています。この「進撃の巨人」前編・後編も例外ではありません。 しかしこの作品も観るたびにそれまで見逃していた新たなメッセージに気付きます。 それが春馬さんの他の全作品と、一本の糸で結ばれた様に同じ内容のメッセージだと言うことに! 今よりより広い外の世界を見つめ、新たな可能性を見つめ、又共に生きると言う優しい目でそれを見つめる「未来を見つめる視線」です。 これは「天外者」へ「ブレイブ群青戦記」へと繋がる一本の糸のような共通のメッセージ! 改めて、この「進撃の巨人」もそうした意味で、今日見なおしてみて、新たに心に響くいくつものメッセージに出会いました! そして改めて心から感じます、この作品でも彼の並々ならない努力の上にある、比類稀なる素晴らしい演技に脱帽するばかりです。 本当に世界で唯一無二の表現者だった春馬さん。 私は彼のすべての作品のすべての役を心に焼き付けて一生忘れません。 大画面で前編・後編同時上映を是非お願いします。

No Nameさん

No Name

ページの先頭へ