JavaScriptを有効にして再度アクセスしてください。

上映リクエスト一覧

ネヴァダ・スミスさんの上映リクエスト一覧です

作品名 リクエスト回数 貢献度ランク
[1584位] 赤い靴 679回 1位
[1872位] 約束の土地 568回 1位
[1872位] ジョニーは戦場へ行った 568回 1位
[1872位] フレンチ・カンカン 568回 1位
[1872位] 夜の大捜査線 568回 1位
[1872位] 特別な一日 568回 1位
[1872位] パラダイス・ナウ 567回 1位
[1872位] テス 567回 1位
[1543位] セブン・イヤーズ・イン・チベット 567回 1位
[1872位] 桜桃の味 567回 1位
[1872位] あなたを抱きしめる日まで 567回 1位
[1872位] ピクニック 567回 1位
[1872位] 華麗なるギャツビー 567回 1位
[1872位] ガープの世界 566回 1位
[1872位] ペレ 566回 1位
[1632位] グロリア 566回 2位
[1872位] アギーレ/神の怒り 566回 3位
[1299位] 12モンキーズ 566回 3位
[1872位] 大いなる遺産 566回 2位
[1872位] ラスト・オブ・モヒカン 566回 1位

"映画館で観たいワケ"投稿履歴

ネヴァダ・スミスさんの観たいワケ投稿履歴です

 原作は言わずと知れた田中芳樹の傑作スペースオペラ。アニメ化は旧作(キティ・徳間書店版)もあるけれど、あくまでも原作が原点であるからして、殊更に旧作と比較して四の五のと言う愚かな真似はしたくない。只々、私は本作(ノイエ)の方が好みであり、はるかに魅力を感じた。当たり前だが、腐敗して行く民主国家体(同盟側)に一将校として属すヤン・ウェンリーと、暴走する独裁国家体(帝国側)を打倒し、新たな独裁者となって行く青年将校ラインハルト・V・ローエングラムの二人(原作を踏襲しての)を主人公に、単なる正誤や善悪の争いではなく、それぞれの出自や立場からくる「守るべきもの」の違いによる衝突の物語であることは言わずもがな、脇役キャラや女史たちの人物像(視線や仕草を含め)と兵器や装備等(デザインを含め)のギミックまでもが丁寧に描かれているクオリティの高さも、どっぷりと感情移入のできる理由のひとつ。 そして、いずれは儚く銀河系だけが残るような展開を感じるが、だからこそ、この「人物」たちの残す爪痕を大きなスクリーンで余すことなく目撃したい…。

 いわゆるビートルズ誕生前夜の’50年代後半に、デビューから僅か8ヶ月の短いキャリアの中でスターダムへと駆け上った「リッチー・ヴァレンス」の伝説的な生涯(弱冠17歳の時、ツアー中の飛行機墜落事故で惜しまれつつも早逝した。)を描いた伝記映画にして青春映画の傑作。後にこの悲劇はドン・マクリーンによって「音楽が死んだ日」として歌い上げられて事件の呼称ともなった。そして、リッチー・ヴァレンスのR&R「カム・オン・レッツ・ゴー」「ドナ」「ラ・バンバ」の名曲は今に残っている。因みに、劇中のタイトル・トラックをカバーしたLAバンドのロス・ロボスの軽快なヴァージョンが全米第1位の大ヒットを記録したのは言わずもがな、ハリウッド史上最高の挿入歌の中でも一際輝く一曲となった…。

 初見は未だランドセルを背負っていた頃ではあったけれども、共に母を失くした者同士である少年(レオナルド)と黒い牡牛(ヒタノ)の種を超えた掛け替えのない友情に涙し、そしてクライマックスに用意されたヒタノの闘牛場での大スペクタクルに又々涙した。ヒタノは闘牛士たちが繰り出す銛を何本撃ち込まれても倒れない。その智略と勇気を以って、理不尽な社会の仕組みの真っ只中にありながら、そこに希望がある限り何度でも立ち上がっては突進して諦めることをしない。この時に感銘を受けて以来、作品は私のバイブルともなった。後に脚本(原案)が、かのハリウッド・テンの一人として「赤狩り」に反対した不屈の脚本家にして映画人「ダルトン・トランボ」その人であると知るのにさほど時間はかからなかった。 因みに、ダルトン・トランボ作品には「素晴らしき哉、人生!」「ローマの休日」「ガンヒルの決斗」「スパルタカス」「ジョニーは戦場へ行った」「パピヨン」「ダラスの熱い日」「オールウェイズ」等々、名作ばかりがズラリと並ぶ…。

ネヴァダ・スミスさん

ネヴァダ・スミス

ページの先頭へ