JavaScriptを有効にして再度アクセスしてください。

上映リクエスト一覧

No Nameさんの上映リクエスト一覧です

作品名 リクエスト回数 貢献度ランク
[55位] あゝ決戦航空隊 48回 12位
[33位] しあわせの一番星 43回 21位
[上映候補] 愛と誠 35回 89位
[上映候補] 傷だらけの勲章 34回 173位
[上映候補] ブロウアップ ヒデキ 28回 154位
[265位] としごろ 13回 4位
[127位] ひとつぶの涙 11回 20位
[2位] ザ・ヒットマン 血はバラの匂い 11回 132位
[616位] 坊っちゃん 4回 6位
[307位] ラマになった王様 3回 18位
[1103位] 姿三四郎 3回 3位
[695位] 黒い雨に打たれて 2回 8位
[161位] はだしのゲン 1回 78位

"映画館で観たいワケ"投稿履歴

No Nameさんの観たいワケ投稿履歴です

西城秀樹さんが声優をつとめたアニメ作品は「黒い雨にうたれて」など他にもありますが、主演作品です。「坊っちゃん」同様に夏目漱石の青春作品の主人公のイメージに、カラッと男らしいヒデキの声はピッタリなのです。ぜひ2本立てで日本が誇る文学の名作での競演を映画館で、若い世代にも伝えてください

西城秀樹さんの声優作品は「黒い雨にうたれて」などもありますが、主役をつとめたのはこの「坊っちゃん」と「姿三四郎」。夏目漱石の青春作品、男っぽくてカラッと明るいヒデキの声が、坊っちゃんにピッタリ

ムーチョヒデキの歌が聴きたい!

西城秀樹さんが広島弁で声優をつとめた貴重な作品です。男っぽくて照れ屋で威勢が良くて茶目っ気たっぷりの広島弁を聞くことができます

西城秀樹さんが声優をつとめた作品です。昭和の豪華声優陣が脇を固めています!「姿三四郎」と夏目漱石作品2本立ての上映を希望。夏休みの上映で、多感な10代の皆さんにも観てもらいたい作品です

西城秀樹さんが声優をつとめた作品です。昭和の豪華声優陣が脇を固めています!坊っちゃんと夏目漱石作品2本立てでお願いします。夏休み上映で10代の多感な年頃の皆さんにも観てもらいたい作品です

この作品中の☆ヒデキ☆は2019年に新たなムーブメントを起こすと思います=平成の日本が忘れていた「西城秀樹」再発見=「西城秀樹」の固定概念の壁を壊すキッカケになったのがドリパスの上映からだった…という風を起こしましょう!お願いします

上映候補入り嬉しいです!「学ラン」姿の登場人物の映画やテレビ作品たくさん見ましたが、ヒデキの「学ラン」姿だけ異次元で時空を超えてます。 ヒデキ1人だけ、昭和なのに未来、実写なのにCGか劇画…百聞は一見にしかず!映画館のスクリーンで観れたら…45年越しの衝撃ふたたび

2015年に「ブロウアップ」がDVD化された時のヒデキのコメントです。 「改めて映像を観てみると、次は一体何をやらかすんだろうと、ワクワクしながら二十歳の西城秀樹を見ている僕がいました。また、あの頃は気づきませんでしたが、70年代のいとなみが映像として随所に描かれていて、僕が大好きだったウッドストックの映画に雰囲気が似ていたのも新たな発見でした。携帯電話も無かった時代、全てが手作りでみんなが一つの目標に向かってがむしゃらになっていたあの頃、しみじみ良い時代だったと思います」

背中に背負っている羽がいわゆる孔雀の羽みたいなのではなくて、躍動感のある翼=両翼の造形なの!70年代のヒデキのコスチュームデザインを手掛けたスタッフは才能の塊!衣装やデザインに興味がある方も一見の価値あり☆70年代って今こそ新しいね☆

赤い羽根を背負って降臨したヒデキをスクリーンで観たいです!1975年作品だけど今の誰より新しい!

昨日の「ミュージックステーション」で「ブロウアップ」と色違いの羽根の衣装のヒデキの映像が紹介されました!短い映像ですが、とにかく新しい!動きやリズム感に驚嘆!存在自体が鮮烈!そして…カッコいいーー!ますます「ブロウアップヒデキ」をスクリーンで全編観たい思いが加速してます

1975年にライブ会場に行ける年齢に生まれたかった!けど、それは叶わぬ夢…当時のライブと、その裏側がドキュメンタリーとして映画化された「ブロウアップヒデキ」。この作品だけなんです。映画館で観れたら、こんなしやわせなことはありません。

子供の頃に受けた西城秀樹の衝撃は、隕石が自分に当たったくらい激し過ぎて鮮烈過ぎて、それ以来、ここまでの衝撃には遭遇していません。 「西城秀樹が好き」って言うと失笑されることが多いのだけど…真価が伝わっていないのが残念。 「ブロウアップヒデキ」これ見たら伝わる!!

ローリング・ストーンズの「悲しみのアンジー」を赤いスパンコールの衣装で歌う20歳のヒデキ。リアルタイムで見ることは出来なかったけど、この奇跡のようなステージを、DVDだけじゃなくスクリーンで観たいです!ヤングマンやギャランドゥ=テレビの「西城秀樹」だけでは伝わらないヒデキを、若い世代に伝えたいな

愛お嬢さん=早乙女愛さん、亡くなられて10年なんですね…デビュー作だもの、ファンの方、観たいですよね。ヒデキが亡くなった今、気持ちがよくわかります。この映画、初々しい愛さんの可憐さと、学ラン姿のヒデキが昭和にタイムスリップした未来の人…みたいなところも見所です

30代のヒデキ作品をリアルタイムで見れていないので…大人になった今見ると実にカッコいい「天使行動」と、この作品を今、映画館で観たい! 長い髪を風になびかせながら歌うヒデキに憧れた子供だった私は、髪を切った大人のヒデキが別の人みたいで…離れてしまった…あぁ実にけしからん、もったいない…ボーっと生きてた80年代の自分…

テレビのヒデキとは違う、ライブでのヒデキ☆を映画館の大画面で観たい!70年代ファッション、洋楽、ヒデキの歌もダンスもビジュアルも…体と五感で楽しめる要素満載☆時空を超えた作品です

「愛と誠」の誠さんと「おれの行く道」の耕三さんを二本立てで映画館で観れたら、いつお迎えが来てもいいわ!っていうほど高齢じゃないけど…平成生まれのみんなも是非一緒に観よう!目から鱗だから

日本の70年代に、こんな人が居たことを!みんなで共有しませんか?「新御三家」「昭和のアイドル」で終わらせちゃいけない日本記憶遺産ですよ!!

No Nameさん

No Name

ページの先頭へ