JavaScriptを有効にして再度アクセスしてください。

上映リクエスト一覧

No Nameさんの上映リクエスト一覧です

作品名 リクエスト回数 貢献度ランク
[上映候補] しあわせの一番星 162回 21位
[66位] あゝ決戦航空隊 83回 20位
[9位] 黒い雨に打たれて 79回 35位
[103位] 坊っちゃん 48回 13位
[215位] ラマになった王様 47回 11位
[153位] 姿三四郎 41回 12位
[上映候補] 愛と誠 35回 89位
[上映候補] 傷だらけの勲章 34回 173位
[296位] としごろ 31回 9位
[140位] ひとつぶの涙 30回 23位
[上映候補] ブロウアップ ヒデキ 28回 154位
[上映候補] ザ・ヒットマン 血はバラの匂い 23回 121位
[170位] はだしのゲン 3回 76位

"映画館で観たいワケ"投稿履歴

No Nameさんの観たいワケ投稿履歴です

字幕版じゃなくて日本語吹替版を!お願いします。トム・ジョーンズじゃなくてムーチョヒデキがグルーヴしてる版で♪♪♪ 全曲スティングが担当な贅沢な大人のディズニー映画。ちなみに王様の声優は藤原竜也くん。

この作品の原題はThe Emperor's New Groove。ディズニー映画としては埋もれてる感だけど、大人が見て楽しめるセンスのいい作品ですよね♪

東京ディズニーシー開業に合わせて日本では2001年7月14日公開。主人公の王様役は藤原竜也くん。ディズニーのミュージカル映画、ヒデキにはもっともっと吹替してほしかった…。貴重な作品です☆

テーマソング・シンガー役のトム・ジョーンズの吹き替えが出来る=歌える人って、西城秀樹以外に日本に存在しないわ!しかも本家そのままじゃなくて、ヒデキ版は、よりラテンにユーモラスに歌ってる!さすがヒデキ☆こういう所に実力が表れる!

今、モンキーパンチさんの訃報が飛び込んで来ました。モンキーパンチさんがキャラクターデザインを担当された「坊っちゃん」と「姿三四郎」の二本立ての上映をお願いいたします。今はもう実現することのない豪華声優陣の競演。貴重な作品です。

今、モンキーパンチさんの訃報が飛び込んで来ました。キャラクターデザイン=モンキーパンチ先生!と数日前に書き込んだばかり…。夢のような競演の豪華声優陣もほとんどのかたが旅立たれました。日本の昭和のアニメの文化遺産、そして原作は夏目漱石先生。次世代の子供達の心に遺すためにも上映よろしくお願いします

西城秀樹さんは高校1年の時に上京されましたが、お住まいのあった川崎市宮前区の「平和のための原爆展」に第1回から賛同されていたそうです。 故郷広島を離れても核兵器反対と平和への思いをずっと心に持っておられた方だと思います。この「黒い雨に打たれて」に声優として20代後半に出演された西城さんの思いを感じます。

「坊っちゃん」に続き声優主演は西城秀樹☆ キャラクターデザインもモンキーパンチさん! こちらの声優陣も豪華!野沢那智、富山敬、岩崎良美、そしてナレーターは三遊亭円丈さん…渋いねぇ。「坊っちゃん」と二本立てでお願いします!

声優陣が夢のような豪華キャスト☆キャラクター作画は「ルパン三世」のモンキーパンチ先生。昭和の文化遺産です!夏休み上映お願いします! 坊ちゃん:西城秀樹/山嵐:納谷悟朗(銭形警部)/うらなり:山田康夫(ルパン三世)/タヌキ:永井一郎(波平さん)/清:麻生美代子(フネさん)/赤シャツ:八奈見乗児(グロッキー)/チビ:野沢雅子(鬼太郎)/野だいこ:田の中勇(目玉オヤジ)/ナレーター:久米明

この時のヒデキ、本当に迫真の演技です。 怒り、恋心、男気、姉を思う心…照れて冗談言ったり強がったり泣いたり…生きるのがヘタだけど必死で生きようとしてる若者。そんな役柄に魂が乗り移ったような声優「西城秀樹」です

去年の8月、広島市映像文化ライブラリーの終戦の日特別上映でこの作品を観ました。「はだしのゲン」が図書館から消える時代、この作品のDVD も廃盤です。衝撃作ですが、広島以外でも上映を希望される方々に見て頂く機会は貴重だと思います。 戦後の名残色濃い時代の広島で育ち、被爆2世でもある西城秀樹さんだからこその台詞もあります。 西城さんの普段使いのリアルな広島弁が聞ける貴重な作品でもあります。

来月の一周忌に東京ではフィルムコンサート等のイベントがあります。去年はZEPP東名阪での上映でした。東京まで行けない地方のファンはたくさんいます。ドリパス様、お願いいたします。

ヒデキって、歌う時と違って話す時は少しぎこちない印象でしたが、この作品の広島弁の語りは驚くほど饒舌でアニメの登場人物と一体化してました。 若い青年役ですが、声が若くてピッタリでした。

あっ!ご指摘ありがとうございます!「三四郎」と完全に勘違いしてました

5月16日の一周忌にCD&DVD&写真集のセットが発売されると今朝未明に発表されました!ここからが西城秀樹再評価の道のスタートだと胸を熱くしています。ヒデキの候補作品が映画館で上映される日を心待ちにしています!

「はだしのゲン」の中沢啓治さん原作のアニメ映画で、被爆二世の青年の声優が西城秀樹さんです。「原爆への怒りが強すぎるぐらいに出た作品でしたが、人気絶頂期に受けて下さった。夫も『西城さんの広島弁はいいなあ』と喜んでいた」と中沢さんの奥様が語っておられました。

1972年3月25日「ワイルドな17歳」のキャッチフレーズでデビューした西城秀樹。今見ても未来の惑星から突如現れたような異彩を放つミラクルスター☆1975年の全国縦断コンサートのドキュメンタリー「ブロウアップヒデキ」を映画館で体感したいです

43年前、二十歳になったばかりの西城秀樹の情熱あふれるステージを、3ヶ月余りにわたって追い続けたドキュメンタリー作品。衣装やステージ演出など、いま見ても斬新で先駆的な試みに加え、ファンの熱狂ぶりも鮮明に映し出している貴重な映像作品…映画館で観たいです!

年明けに「西城秀樹展」が開催された静岡で上映されたら大盛況だと思います。静岡県民代表のちびまる子ちゃんの作者さくらももこさんがヒデキの大ファンでしたからね

西城秀樹さんの声優作品は「黒い雨にうたれて」などもありますが、主役をつとめたのはこの「坊っちゃん」と「姿三四郎」。夏目漱石の青春作品、男っぽくてカラッと明るいヒデキの声が、坊っちゃんにピッタリ

No Nameさん

No Name

ページの先頭へ